« 全開!!福島牝馬SとフローラSとアンタレスS | トップページ | 昔と比べても意味がない »

2010年4月23日 (金)

政策はどうなっているのか

ついでに大鵬と卵焼きも擁立すればいい。

堀内恒夫・前巨人監督、自民から参院比例に立候補

そりゃ、議員がどんどん出て行くよ。下野してもやってることが今までと同じなんですから。

|

« 全開!!福島牝馬SとフローラSとアンタレスS | トップページ | 昔と比べても意味がない »

カワタカ技研日誌」カテゴリの記事

コメント

ふとした疑問・・・。
小選挙区で落ちて、比例代表でお情けで受かった奴が党の方針が気にくわないから離党っておかしくないですか?
ま~何処の与謝野とは言いませんが!
党のお情けで引っかかった奴が党批判?
なにかおかしくない?
ま~与党がマニフェストで言ってた試算が根拠ないと公開してるようなものだもんな・・・。
もう政治家なんていらない?

投稿: ポニ萌え | 2010年4月23日 (金) 22時05分

信義的に正しいことと政策的に正しいことが一致するとは限らないから、正しさは政策で証明していただきたいものです。結党の会見でポケットに手を突っ込んだまま会釈する応援団長が「たちあがれ」と国民に命令してくる党にそれができるとは思いませんが。

根拠のない政策なんて自公政権が散々やってきた(しかも、下野したのに発想が変わらない)のに、他の党がやりだしたのを批判しても説得力なんてあるわけないんですよ。今さら何を騒いでるんだろうと。

投稿: カワタカ | 2010年4月24日 (土) 13時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/34352856

この記事へのトラックバック一覧です: 政策はどうなっているのか:

« 全開!!福島牝馬SとフローラSとアンタレスS | トップページ | 昔と比べても意味がない »