« 全開!!皐月賞2010の結果 | トップページ | 石原都知事はご自身のネット使用を規制すればよかった »

2010年4月18日 (日)

☆ 山口二郎『若者のための政治マニュアル』

若者のための政治マニュアル (講談社現代新書) 若者のための政治マニュアル (講談社現代新書)

講談社 2008-11-19
売り上げランキング : 11173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者は北海道大学教授で政治論評多数。奥付によると初版は2008年11月、あとがきは2008年10月に書かれています。当時は福田首相の辞任(9月)後に麻生内閣が発足という、自民党の「終わりの始まり」の時期。本書は小泉政権の欺瞞、保守論壇のありかた、有権者によるいわゆる「肉屋を熱烈に支持する豚」的な行動、マスコミの扇動、の批判となっています。

本書では以下の10項目が各章のタイトルになっています。

ルール1
生命を粗末にするな

ルール2
自分が一番―もっとわがままになろう

ルール3
人は同じようなことで苦しんでいるものだ、だから助け合える

ルール4
無責任でいいじゃないか

ルール5
頭のよい政治家を信用するな

ルール6
あやふやな言葉を使うな、あやふやな言葉を使うやつを信用するな

ルール7
権利を使わない人は政治家からも無視される

ルール8
本当の敵を見つけよう、仲間内のいがみ合いをすれば喜ぶやつが必ずいる

ルール9
今を受け容れつつ否定する

ルール10
当たり前のことを疑え

保守系政治家や論壇のパターン化された言説のアンチテーゼととる事ができますが、政体がどのようになろうと当てはめることのできるものです。マニュアルって書くと耄碌したのが「若者のマニュアル体質」なんて知ったようなことを抜かしますが、指南書でも手引きでも入門書でも虎の巻でも同じじゃねぇか。

もうね、今の状況を作って、平均寿命が縮むほど自殺者出して、外国からいわれなき性犯罪者呼ばわりされるのに迎合する政治家なんぞいらんのですよ。統計数字も読めないのとか、疑似科学を元に政策を決める無能もいらんのですよ。政策に道徳観や宗教観を持ち出すようなピンボケはいらんのですよ。選挙結果を見てもまだ自分たちの欠点が分かってないやつらには、もっと分からせてやる必要があります。

デモだとかビラ配りだとか選挙運動だとか市民運動とか、そういう分かりやすいのだけが政治活動じゃありません。選挙に出馬するのは難しくても投票はできます。意見を政党やマスコミに送りつけることはできます。今なら同じ考えの人を探すのはネットを使ってやりやすくなりました。政治家や論客が過去にどんな発言をしたかも調べやすくなりました。これらはいずれも憲法で保障された権利です。とにかく利己的に正当な権利を行使しましょう。その結果世の中がよくなるならそれこそ理想的な市場経済も夢ではないのですが、道徳主義者はどう考えますかね。

|

« 全開!!皐月賞2010の結果 | トップページ | 石原都知事はご自身のネット使用を規制すればよかった »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/34282930

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 山口二郎『若者のための政治マニュアル』:

« 全開!!皐月賞2010の結果 | トップページ | 石原都知事はご自身のネット使用を規制すればよかった »