« 治せる薬がない | トップページ | そこに正しさはあるか »

2010年3月31日 (水)

小説家と弁護士が規制する側

大阪府に住む変態紳士の方へお願い。

大阪府の橋下知事が、東京都の青少年健全育成条例に触発されて、児童ポルノがらみでなんかしようとしています。

奥村徹弁護士の見解:児童ポルノの調査研究は1999年から法律上の義務である

大阪府のHPで意見を募集していますので

・既存の法で対処ができるものにいらん金を使うな
・単にゾーニング目的の条例を作るなら、何が表現の自由にあたるかの判断は不要
・絵は児童ポルノじゃない
・児童ポルノ禁止法の法益は児童の保護であり、公序良俗の維持ではない

物申す先はこちら(ご意見をお寄せいただく方法はこちら

あたりの主旨を送っていただくと、二次元の少年少女とキャッキャウフフできる日常と実在児童を守る力になります。

|

« 治せる薬がない | トップページ | そこに正しさはあるか »

表現規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/34017492

この記事へのトラックバック一覧です: 小説家と弁護士が規制する側:

« 治せる薬がない | トップページ | そこに正しさはあるか »