« 季節感ガン無視 | トップページ | 身捨つる程の祖国を創れなかった政治家の寝言 »

2010年3月 5日 (金)

エログロナンセンスこそが表現の自由で守るべきものだ

同人でカップリングやら属性・シチュエーションやらでいさかいが起こるというのはよく聞く話。しかし、その一方が商業作家であり、また条例制定に関わる公人だとこんな斜め上の事態に。

「反ヲタク国会議員リスト」メモ:元祖鬼畜系作家の成れの果て

ちんこで障子破るだけじゃない。これだけ書いといて人の表現は規制するのな。石原都知事の作品を漫画化するとどうなるの?

|

« 季節感ガン無視 | トップページ | 身捨つる程の祖国を創れなかった政治家の寝言 »

表現規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/33639105

この記事へのトラックバック一覧です: エログロナンセンスこそが表現の自由で守るべきものだ:

« 季節感ガン無視 | トップページ | 身捨つる程の祖国を創れなかった政治家の寝言 »