« 亡國的精神論 | トップページ | 俺たちの戦いはこれからだ »

2010年2月 6日 (土)

ふるフル降ってくる

「『宮崎駿監督の作品はものすごくスケールの大きい萌えアニメ』説」を提唱してみる。

「ルパン三世 カリオストロの城」 → 囚われのお姫様
「風の谷のナウシカ」 → ある日突然金髪ツンデレのお姫様がやってくる
「天空の城ラピュタ」 → 空から女の子が降ってくる
「となりのトトロ」 → 都会からの転校生。あとロリ。
「魔女の宅急便」 → 魔女っ娘
「紅の豚」 → 獣耳
「もののけ姫」 → 野生児。触手。
「千と千尋の神隠し」 → 幼少時のフラグ立て。あとロリ。
「ハウルの動く城」 → 合法ロリ
「崖の上のポニョ」 → 海から女の子がやってくる。あとロリ。

萌えアニメは、萌え成分こそが中身なんだなと。

|

« 亡國的精神論 | トップページ | 俺たちの戦いはこれからだ »

それなんてエロゲ」カテゴリの記事

コメント

そう見せかけておいて後半からショタ成分がすげー多いけどね。

投稿: メジロマ委 | 2010年2月 6日 (土) 18時30分

そう考えたら物語の王道はボーイミーツガールなんだなぁ、と当ブログらしからぬまともな結論に。

投稿: カワタカ | 2010年2月 6日 (土) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/33268724

この記事へのトラックバック一覧です: ふるフル降ってくる:

« 亡國的精神論 | トップページ | 俺たちの戦いはこれからだ »