« 卑猥な響き | トップページ | 全開!!小倉大賞典と共同通信杯とシルクロードS2010 »

2010年2月 5日 (金)

catcher in the lie

表現の自由は「全てのけしからん表現」を守るために使うべきだと思います。

産経新聞 追悼 D・J・サリンジャー氏(2010.02.04 青山学院大学教授 田中啓史氏)

(中略)

 この「反抗する若者像」は文学のみならず映画や音楽などの若者文化に影響を与えた。80年にジョン・レノンを射殺した犯人や81年のレーガン大統領暗殺未遂犯が『ライ麦畑』のペーパーバックを持っていたことが話題になったが、これはサリンジャーの責任ではあるまい。

(以下略)

今でこそサリンジャーなら強力効果論を否定してくれる人がいる。はたしてアニメやゲームで似た事例があれば産経新聞は同様の記事を載せるか。

|

« 卑猥な響き | トップページ | 全開!!小倉大賞典と共同通信杯とシルクロードS2010 »

疑似科学」カテゴリの記事

表現規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/33258167

この記事へのトラックバック一覧です: catcher in the lie:

« 卑猥な響き | トップページ | 全開!!小倉大賞典と共同通信杯とシルクロードS2010 »