« アディオスセニョール | トップページ | 絶対に負けられない戦いがそこにはある »

2009年11月 4日 (水)

もちろん性的な意味です

霞外逗留記終了。

Kagerou

遍く活字愛好家に捧ぐ、の献辞に違わぬ良作でした。エロは薄かったけど。かといってエロ不要かというとそうでもないんですね。やっぱりあの旅籠の中で繰り広げられる怪しい物語に艶かしい何かは必要です。それにしても人物の名称やテキスト形式までが物語の伏線になっているとは思いませんでした。最終ルートをやらないとただのエロ薄い館ゲーなので注意。あと、法師かわいいよ法師。

文体が古めかしいのと、文中の修辞に色んな文学作品のネタがちりばめられているので明治から昭和前半くらいの作品を読み込んでいる人はもっと楽しめるのではないかと思いますが、いかんせん僕にはそのあたりの素養が全くないので雰囲気を楽しむのが関の山。唯一分かったのがドグラ・マグラの時計の音くらい。ネタが分かればより面白いという点はパトベセルと同じだなぁ、などと頭の悪い感想しか浮かびません。

で、次は新作やろうと思って「りんかねーしょん☆新撰組」をインストールしたんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ダメな部類の平行世界ものの臭いがプンプンする…

時系列と人物視点が複雑すぎる。「世界の中心で愛を叫んだけもの」を読んだときの訳分からなさを思い出しました。霞外逗留記も大まかに言うと平行世界ものなので二作続けてというのもなぁ。

エロいシーンが出てくるところまでプレイしきれなかったので、もうちょっとお気軽なのに変更することに。

ああ、そういえば積んでる中にハロウィンのがあったなぁと思い出して山の中から引っ張り出してきました。ちょっと遅いけど気にしない。

Toritori

洋館に異世界の住人となると怪物くん編成はお約束ですね。テキストのテンポがよくて快適。選択肢がやたら多い気がしますけども。

G
トリックオアトリート!!(性的な意味で)

|

« アディオスセニョール | トップページ | 絶対に負けられない戦いがそこにはある »

それなんてエロゲ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/32064962

この記事へのトラックバック一覧です: もちろん性的な意味です:

« アディオスセニョール | トップページ | 絶対に負けられない戦いがそこにはある »