« 一つ積んでは父のため二つ積んでは母のため | トップページ | むきんしつのつくりかた »

2009年7月 1日 (水)

鏡を磨いても顔が汚いのは直らない

児ポ法改正の審議をしてる時に、知らなかったとはいえ未成年に淫行した人を閣僚にするんですね。改正児ポ法は知らない間に手に入ったり、被写体が18未満と知らない場合や、18歳以上と特定できない場合でも捕まるんですが。

麻生首相:東国原知事の入閣で調整 分権改革担当を検討

僕は反対ですけど、何かしらの信念があって児ポ法の改正をしようとすること自体は自由ですし、選挙で勝つためにタレント的な候補を擁立するのだってバカにされてるみたいで腹は立つものの構わないのですが、今このタイミングでもっとも許せない人物を持ってきやがるな、と。政治的主張なり信念なりに一貫性が感じられない。国民にだけ清廉潔白や品行方正を求めんなよ。

|

« 一つ積んでは父のため二つ積んでは母のため | トップページ | むきんしつのつくりかた »

表現規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/30356372

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡を磨いても顔が汚いのは直らない:

« 一つ積んでは父のため二つ積んでは母のため | トップページ | むきんしつのつくりかた »