« 電凸する準備はできていた | トップページ | 全開!!函館スプリントSとラジオNIKKEI賞2009 »

2009年7月 2日 (木)

凸したら凹んだ

初めて電凸なるものをしましたが、まさかの録音忘れ。穴があったら入れ…入りたい。

東京本社のコールセンターにかけました。男性のオペレーター。記事を見たことを伝える

○記事全体・見出しについて

・児童買春・児童ポルノ禁止法は児童を守る法律であり、信用を得るための法律ではないこと
・日本は国際的にも性犯罪率の発生率が低いこと。
・効果や適用範囲に疑問があること

うなずきながら聞いてくれる。

・規制に重点が置かれているが、児童保護について管轄省庁が決まっておらず全く手付かずになっている点を報じないのはなぜか

「え、管轄決まってないんですか?」との返答。一瞬自分が間違えたのかと思いました。少なくとも児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律改正に関する公開質問状の時点では決まっていないので、間違いはないと思われます。これもあわせて伝えればよかった。

※追記
法律には管轄省庁が明記されていません。事実上取り締まりを行っている警察庁が管轄官庁といえるそうです。

 

○レイプレイの画像リンクがあった件について

・レイプレイはコンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)が審査した作品であり、登場人物は18歳以上。これは、実在人物だったとしても児童ポルノにはあたらないこと。

「そうですね確かに児童ポルノには当たりません」と返答。

・児童ポルノにはあたらないレイプレイを、児ポ法の記事に紛れ込ませる手法は、産経新聞が批判している、南京事件関連での無関係な写真やキャプチャーを紛れ込ませる手法と同じである。

基本的にうなずいてこっちの話すままになる

 

○関連記事に事実誤認が多いことを指摘

・2009.5.22日本製「性暴力ゲーム」を批判 自民女性局長「規制を検討」

 日本製のゲームソフトをめぐっては、少女をレイプして中絶させるといった内容のパソコンゲームソフトが今年2月、英国の国会で問題視され、欧米各国で販売中止となっている。また、この種のゲームを野放しにしている日本政府に対して、海外の人権諸団体から抗議の声が上がっている。

という記事について、日本国内のみの発売なのに欧米各国で販売中止という状況が発生し得ない。日本国にも日本のメーカーにも責任がないこと。ある国では法に触れないものを、法に触れる国の人からの抗議で規制するのは不合理であること。

 

○国外団体の主張を受け入れるとどうなるかという話を展開。

・女性から性行為を持ちかけて子作りすると不具の子が生まれて、その後の出産が元で妻が亡くなると、原因となった子供を父親が殺してしまう作品があるのですが規制すべきかどうか

出方次第で引っ掛けようと思ったのですが、今までの話の流れから話は通じそうな方だったので、「国外団体の主張や、今後検討される(いわゆる)二次元創作物が盛り込まれると」という前置きをした上で、上記表現が女性差別や児童虐待に当たるため日本神話の絵による表現まで含まれてしまうこと(他に天の岩戸とか、スサノオが赤馬投げ込むシーンとか)。年齢が設定されていない人物(神様ですが…)は描き方や受け取り方によって児童ポルノとして判断されかねないこと。

最初は「なぜ日本神話が出てる来るのか」当惑していました。国造りのとこは「女性が生むことだけに利用されているという非難を受ける可能性」も示唆すればよかったかなぁ。

また、神話だけ表現として認めるのは不公平であること。(他の表現は評価される時間さえ与えられない)国外からの意見をそのまま取り入れるのには慎重であるべきだと伝えました。

「確かに新しいものはそうなりますね」との返答

産経新聞の推進する新しい歴史教科書では神話にかなりの紙面を割いていますが、国外団体の意見を取り入れると、産経新聞の姿勢とは矛盾が生じます。

「確かに矛盾しますね」との返答。

 

○秩序を守るのも大事だが、ルールのためのルールはどうか

・範囲が広すぎる規制のせいで、本来守るべき人が守れなくなるかもしれないのは本末転倒ではないか

「確かにそれはよくないですね」

児童や女性を性的被害から守るのには賛成だが、児ポ法改正関連の報道は保護と救済の観点が欠けているのと事実誤認が多いので対処してほしい、と伝えて終わりました。

 

自分が前提としている事項を相手も知っているわけではない、というのを改めて思い知りました。管轄省庁のとことか、ちょっと慌てましたもん。ただ、相手が男性だったので直接的かつ性的な説明をしないといけないところも話しやすかったです。日本神話のくだりは最初当惑してたみたいですけども。産経だから通じた方法ですね。あと、ガチャ切りはやめれ。

追記 Web魚拓

http://s01.megalodon.jp/2009-0702-2157-59/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090701-00000536-san-soci

|

« 電凸する準備はできていた | トップページ | 全開!!函館スプリントSとラジオNIKKEI賞2009 »

表現規制」カテゴリの記事

コメント

電凸お疲れさまでした
私のする電話よりも全然しっかりしてらっしゃる(飽相手こそ違いますが、流石です)。貴方のような方に、どんどんこうやって行動を起こしてほしいです。勿論、私も全力で頑張りますけど
私も録音してませんでしたorz 私の場合は、こういうことする事に慣れていないこともあってテンパってた部分もある(電話してからは大丈夫でしたけど)ので……あうあう

>自分が前提としている事項を相手も知っているわけではない、というのを改めて思い知りました。
これは私も思いましたね。話をするとなると、ほんと最初からしなきゃいけない。私の場合は電話した先が先だったので、そういうことを把握してない相手に対して内心「は? バカなの?」って思ってましたけどね……何も知らないのに規制って言ってることまるわかりですよ……

しかし、話ができる相手というのはいいですね。その先どうなるかはわからないですけど、とにかくこちらの言い分を聞いてくれるのは助かります。というかそれが本来当たり前ですけどね

とにかく、電凸お疲れさまでした☆

投稿: アリス・ティー | 2009年7月 3日 (金) 12時46分

文章だからある程度まとまってますが実際は
ひどいもんですよ。噛み噛みだし、詰まるし。

何も大仰なデモなり政治活動なりをしなくても、できる
方法で無理なくやっていけばいいと思います。だいぶ
緊張しましたけどね。

前提としている事項云々は、問題点をどこに置いているか
の違いだと思います。反対派は冤罪や表現の自由の点で
問題と思っているのでそこを突きますし、賛成派は国際協調
や公序良俗の面で不十分だと考えているので推進してますし。
だから相手からすると「何にでも表現の自由があるわけない
だろバーカ」くらいのものだと思いますよ。ただ、それに
明確な根拠なり、冤罪を防ぐ方策が盛り込まれているなら
ともかく、思い込みや推論のオンパレードで笑っちゃいます。

産経なら話を聞かざるを得ない展開をしたのですが、それでも
きちんと聞いてくれたのでよかったです。本来当たり前である
対応もできない政権政党があるそうですよ。すごいですね。

投稿: カワタカ | 2009年7月 3日 (金) 22時10分

ほんとどこまで迷走するんでしょう今の政治・・・。
表に出てる部分だけでもすごいのに・・・。
いきなりそのまんま東を東京比例代表1位に持ってくるなんて票とる(議席とる)ためなら政治理念なんてそんなの関係ねえ状態!
お前らは、綾波が喰われた時の碇シンジかよ!
(エヴァ破ちょっとネタばれ)って事はエヴァのパイロットは、14歳だからエヴァも児童ポルノ法ですか?
正直あんまり範囲広げると小選挙区で自分のエリアだったら絶対落とす為に暗躍するぞ!

投稿: ポニ萌え | 2009年7月 4日 (土) 19時02分

みんな政治家や警察をよく信用できるなぁと感心します。

児ポ法改正の審議をしてる最中に、知らなかったとはいえ
未成年と淫行した政治家を比例1位に持ってこようとする
なんて気違いの所業だと思いますよ。知事の手腕は別として。
賛成派議員の誰もおおっぴらに反対しないところを見ると
児童保護なんかどうでもいいんでしょうよ。

>エヴァのパイロットは、14歳だからエヴァも児童ポルノ法ですか?

今の改正案に創作物規制が加わると、どうしようもなくアウトです。
詳しくは下記まとめをご覧ください。

http://source-stat.blog.so-net.ne.jp/2009-07-02-1

国立メディア芸術総合センター設立はサブカルの墓場作りだったんだ
なあと。しかも性的表現の閲覧規制がかかれば、アーカイブとしても
全くの役立たずな代物に成り下がります。愉快ですね。

選挙に関しては、児ポ法に限らずあらゆる政策を勘案してご投票
ください。暗躍といわず、公選法に触れない範囲で存分に行動
されるのがいいかと思います。

投稿: カワタカ | 2009年7月 4日 (土) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/30370716

この記事へのトラックバック一覧です: 凸したら凹んだ:

« 電凸する準備はできていた | トップページ | 全開!!函館スプリントSとラジオNIKKEI賞2009 »