« 存在の耐えられない軽さ | トップページ | とどのつまり »

2009年6月20日 (土)

自由主義も民主主義も看板だけ

児童ポルノ禁止法改正案、26日に衆院で審議入り

 衆院法務委員会は19日の理事会で、児童買春・児童ポルノ禁止法改正案について、26日の同委員会で審議入りすることを決めた。
改正案は、児童ポルノの「単純所持」を禁じる内容の与党案と、買ったり何度も入手したりする行為を処罰する「取得罪」を新設する民主党案が提出されている。

(2009年6月19日18時42分  読売新聞)

単純所持は犯罪性のないものまで対象になるし、取得罪は購入規制には理があるものの、『何度も入手』についてワンクリック詐欺の手法をされるとどうしようもない。うっかりリンクも踏めなくなる。どちらに進んでも死亡フラグ。南無阿弥陀仏。

|

« 存在の耐えられない軽さ | トップページ | とどのつまり »

表現規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/30199382

この記事へのトラックバック一覧です: 自由主義も民主主義も看板だけ:

« 存在の耐えられない軽さ | トップページ | とどのつまり »