« 全開!!クイーンカップと京都記念とフェブラリーS | トップページ | 全開!!フェブラリーSの結果2009 »

2009年2月20日 (金)

オペラオー伝説に新たな一ページ

障害重賞での活躍が目立ったテイエムオペラオー産駒ですが、ついに平地重賞ウィナーが出ました。しかもここまで連対100%。

競馬ニュース - netkeiba.com |金盃、バグパイプウィンドが快勝

 18日、大井競馬場で行われた第53回金盃(4歳上、南関東G2・ダート2000m、1着賞金3000万円)は、的場文男騎手騎乗の1番人気バグパイプウィンド(牡5、大井・庄子連兵厩舎)が、中団追走から直線で力強く伸び、3番人気ルースリンドの追撃をクビ差抑え優勝した。勝ちタイムは2分06秒8(良)。さらに1.1/4馬身差の3着に4番人気マンオブパーサーが入った。

 勝ったバグパイプウィンドは、父テイエムオペラオー、母エディーナ(その父ジェイドハンター)という血統。07年12月のデビューから4連勝。これまで14戦12勝と連対率100%を誇っており、今回が重賞初出走だった。通算成績15戦13勝(重賞1勝)。

G

|

« 全開!!クイーンカップと京都記念とフェブラリーS | トップページ | 全開!!フェブラリーSの結果2009 »

全開!!重賞予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/28248505

この記事へのトラックバック一覧です: オペラオー伝説に新たな一ページ:

« 全開!!クイーンカップと京都記念とフェブラリーS | トップページ | 全開!!フェブラリーSの結果2009 »