« ムラムラしていたので | トップページ | 比喩的な意味でなく首が回らない »

2009年1月21日 (水)

自民の失策以上に民主党がバカすぎる

政教分離への追及に関しては評価できる人だと思いますが、野党第一党の副代表がこんなしょうもないことをしててこの国は大丈夫でしょうか。政教分離の件も、単に自公連立叩きの一環としてでしかないのではと疑ってしまいます。

麻生首相を「漢字」で挑発 民主の石井副代表

 麻生太郎首相の漢字の使用、読み方をめぐり、20日の参院予算委員会で、民主党の石井一副代表が首相にかみつく一幕があった。

 石井氏は、月刊誌「文芸春秋」の昨年11月号に掲載された首相の手記で使われた「就中(なかんずく)」など12個の漢字を並べたボードを用意し、「相当高度な漢字だ。これを隠して、どれだけ読めるかやってみたかったが、先に渡してあるから今なら読めるだろう」と首相を挑発した。

 これに対し、首相は「多分、みなさんが読みにくいのは『窶し(やつし)』ぐらいではないか。後の漢字は普通、みなさん読める」と答えたが、さらに石井氏は「もしそうなら、なぜ未曾有を「みぞうゆう」、踏襲を『ふしゅう』と言うんだ。おかしい。強弁だ」と反論した。

政治家が漢字を読めなくても直接的に政策には関わらないので大事に至りませんが、自然科学や統計の知識がないと誤った政策を立てやすいのでよっぽど危険だと思われます。そして、当の石井議員は疑似科学の温床たるマルチ商法の業界団体から献金を受け取っていたことがあります。おやおや。

あと、産経は『この非常時にバカ質問してる野党を批判する記事』を書くべきだと思います。『こんなことがありました』だけ書くなら記者が取材をする意味がない。サンスポとスタッフ入れ替えたらどうか。


石井議員が麻生総理に出題した漢字。

01)就中
02)唯々諾々
03)揶揄
04)畢竟
05)叱咤激励
06)中興の祖
07)窶し
08)朝令暮改
09)愚弄
10)合従連合
11)乾坤一擲
12)面目躍如

01)なかんずく
02)いいだくだく
03)やゆ
04)ひっきょう
05)しったげきれい
06)ちゅうこうのそ
07)やつし
08)ちょうれいぼかい
09)ぐろう
10)がっしょうれんごう
11)けんこんいってき
12)めんもく(ぼく)やくじょ

漢字の読みの件に関しては、唯々諾々と国語審議会の決めた基準で頭悪い表記を続けてきた成果が出たということじゃないですかね。

|

« ムラムラしていたので | トップページ | 比喩的な意味でなく首が回らない »

疑似科学」カテゴリの記事

表現規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/27331331

この記事へのトラックバック一覧です: 自民の失策以上に民主党がバカすぎる:

« ムラムラしていたので | トップページ | 比喩的な意味でなく首が回らない »