« 全開!!中山金杯と京都金杯2009 | トップページ | 全開!!中山金杯と京都金杯の結果2009 »

2009年1月 4日 (日)

祝日と祭日の違いも分かっていない可能性

産経の『昔はよかった病』は異常。しかも根拠も後先も考えずに記事を書くので投げたブーメランが自分に当たる。

【外信コラム】イタリア便り 怠け者の国?日本

 両国ともに土曜日は会社や学校は休みが多いから、土、日曜に祝日がぶつかるものを除くと、2009年の1年間に限っていえばイタリアの祝日は7日。これに対し日本は倍以上の15日もある。イタリアは祝日がない月が7カ月もあるのに、日本で祝日がないのは6月と8月だけだ。

(中略)

 それだけではない。土曜日を含めた3連休を比べると、イタリアは年間3回しかないのに、日本では3連休が5回、5連休が2回もある。これに加えて、日本の官公庁や会社では年末と新年の三が日の休日も慣例になっているが、イタリアにはこんな習慣はない。もちろん、イタリア人は自分の有給休暇はフルに取る。しかし、これは自分の権利で、祝日とは関係ない。

習慣のあるなしでいうなら、有給休暇が実質的には消化しにくい習慣や、残業代が付かない習慣はイタリアにあるんでしょうか。あっても使えない権利なんて屁の役にも立ちません。権利の行使について鈍感だから、憲法二十一条を制限するのに何の疑問も抱かずに賛成しちゃうんですね。さっさと廃業すればいいのに。

 昔のイタリアでは、カトリック教の祭日を含め祝日・連休が多かったが、1977年に当時の経済危機を打開するため、政府が祝日の大削減を行い今日のようになったのである。

いいこと思いついた。イタリアがカトリック教の祭日を含め祝日・連休を削減したなら、日本は皇室由来の祝祭日をなくせばいいんじゃね?

・元日(四方節に由来)
・建国記念の日(紀元節に由来)
・春分の日(春季皇霊祭に由来)
・昭和の日(先帝の天長節に由来)
・海の日(明治天皇が巡幸中の航海で横浜港に帰着したことに由来)
・秋分の日(秋季皇霊祭に由来)
・文化の日(日本国憲法公布日だが、かつての明治節に合わせられている)
・勤労感謝の日(新嘗祭に由来)

って、簡単に言い返されるわけですよ。保守を自認する新聞がこの程度の記事を書いてるから右翼は頭悪いって言われるんだよ。

|

« 全開!!中山金杯と京都金杯2009 | トップページ | 全開!!中山金杯と京都金杯の結果2009 »

「ネット弁慶」と呼ばれて」カテゴリの記事

コメント

外国は基本長期バカンスとかとるし、残業とかもほとんどしないと聞くし、休みと働く時のメリハリとかついてるし、ただ休日の有無だけ言われても困りますよねぇ。 てか、ギャグとして記事を見るのは楽しいんですがねぇ。

投稿: BIWA | 2009年1月 5日 (月) 04時48分

文化も経済規模も立ち位置も違うのに、他の国がこうだから
日本も同じようにすべし、なんてのは冗談でも言ってほしく
ないですねぇ。日本には「よそはよそ、うちはうち」という
非常にありがたい言葉があるので今こそ実践すべき時期だと
思います。

投稿: カワタカ | 2009年1月 5日 (月) 23時00分

新聞社って知的レベルが高度って聞いてたんですけど
右巻きも左巻きも…あっれー? あ、よみう…オーナーが…あっれー?

投稿: メジロマ委 | 2009年1月 6日 (火) 11時48分

『朝日と産経の間を取れば丁度いい論調になる…
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました』

でも、それはプロの技術なり知識が前提なわけで。
せめて市井のブロガーよりはちゃんとした記事を書く
べきじゃないかと。

『20才までに自由主義者でなければ、情熱が足りない。
 40才までに保守主義者出なければ、知能が足りない。』
とチャーチルは言ったそうですが、某オーナーさんは
元々共産主義にハマってた方なのに転向した後は交渉
相手の労働組合に「たかが選手が」と言ってしまうので、
頭はいいのかもしれませんが思慮が足りないです。

投稿: カワタカ | 2009年1月 6日 (火) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/26803560

この記事へのトラックバック一覧です: 祝日と祭日の違いも分かっていない可能性:

» 祝日と祭日の違いって? [ honey−go ]
今日は天皇誕生日、皇室の祭典関係の日は祭日、だから今日は祭日って 今日の今日まで思ってましたが違うようです 国民の祝日(こくみんのしゅくじつ)とは日本の法律「国民の祝日に関する法律」(昭和...... [続きを読む]

受信: 2011年12月23日 (金) 10時49分

« 全開!!中山金杯と京都金杯2009 | トップページ | 全開!!中山金杯と京都金杯の結果2009 »