« テンプレ記事の疾患 | トップページ | ココロさんのエロティシズム »

2008年12月10日 (水)

『おし黙る』メディア

以前自社グループのアニメに的外れな批判をしているコラムをとりあげましたが…

『君は"物"のために死ねるか!?』 by へうげもの

そもそもの企画段階からアレ気なことになっていたみたいです。

山本弘のSF秘密基地BLOG : 毬江がテレビに出なかったわけ

『活字倶楽部』2008年秋号の有川浩ロングインタビューの中で、アニメ版『図書館戦争』のこんな裏話が披露されていた。

有川 (中略)例えばアニメで、小牧と毬江のエピソードが地上波で放送されなかったのは、毬江が聴覚障害者だという設定だったからなんです。毬江のエピソードはTVではできません、ということがアニメ化の大前提だったんです。それを了承してもらわないと『図書館戦争』はアニメ化できません、と真っ先に言われたことがとても衝撃的でした。(後略)

非科学や捏造やプロパガンダは平気で流すくせに、聴覚障碍者をアニメーションで表現することもできないならさっさと放送やめればいいのに(励ましの言葉)。そりゃ、原作の前提とアニメ化作品の前提が根本的に違うんだから残念な出来のアニメにもなりますよ。他にいくらでもラブコメアニメの題材はあるはず。ところで、重要な役どころのある障碍者をわざと出さないのは差別じゃないの?教えてエロい人!!

『別冊 図書館戦争I』には木島ジンという作家が登場する。彼は反社会的、暴力的な作品ばかりを書いているが、婉曲表現ばかりで違反語をひとつも使っていないため、メディア良化法では取り締まることができない。彼は良化法に対する批判として、意図的にそうした小説を書き、社会に挑戦しているのである。

ああ、そういえば買ったのに読んでなかったなぁ。どっちかというと僕はこっちの考え方に近いんですよ。穏当な言葉でいくらでも不穏当な表現ができるから意味がない。レマン湖!鏡泊湖!節句過ぎ思案!

|

« テンプレ記事の疾患 | トップページ | ココロさんのエロティシズム »

表現規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/26084846

この記事へのトラックバック一覧です: 『おし黙る』メディア:

« テンプレ記事の疾患 | トップページ | ココロさんのエロティシズム »