« 嫁への愛まで薄っぺらである必要はない | トップページ | 日本の宗教政党もこのくらいやるべきだ »

2008年10月29日 (水)

ぷよまんも復活すれば完璧

君のいる町:「もみまんのように甘い恋を…」 美少女の絵入り「もみじ饅頭」で広島の町おこし

 “地元のマンガ”と「もみまん」で町おこし--。まんじゅう製造・販売会社「やまだ屋」(広島県廿日市市)は11月1日、マンガ誌「週刊少年マガジン」に連載中で広島が舞台のマンガ「君のいる町」のイラストを描いた広島名菓の「もみじ饅頭(まんじゅう)」(8個入り、700円)を発売する。宮島の本店と広島駅直営店の2店4カ所だけの限定販売で、12月31日まで。同社は「地元出身の作家でもあるし、町おこしになれば」と話している。

広島始まったな。もみじ饅頭を略して『もみまん』などとドキドキする名称で呼ぶわけですが、そもそもの起源自体がアレ気な感じ。

Wikipedia - もみじ饅頭(起源)

「君のいる町」も読んでみようかなと思ったら…

 「君のいる町」は、アニメ化もされた陸上競技マンガ「涼風」の作者・瀬尾公治さんの最新作で、瀬尾さんの出身地・広島県庄原(しょうばら)市が舞台のモデル。高校生の主人公・桐島青大の家に、突然東京から転校してきた少女・枝葉柚希が居候をすることになり、青大のクラスメート・神咲七海らを加えた3人の恋愛物語を中心に描いている。

ちょ…庄原って!!もみまんあんまり関係ない。広島所縁の漫画家ならこうの史代さんあたりに頼んだほうがよかったのではないか。絵柄的にもお土産に使いやすいし。

それと庄原が舞台の漫画をパッケージに使うなら、もっとふさわしいみやげ物があるのに。名前も、もみまんよりエロいし。

 

よし、次は広島菜を八神健、尾道ラーメンを鳴子ハナハル、カープグッズを石田敦子に依頼するんだ。

|

« 嫁への愛まで薄っぺらである必要はない | トップページ | 日本の宗教政党もこのくらいやるべきだ »

それなんてエロゲ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/24848676

この記事へのトラックバック一覧です: ぷよまんも復活すれば完璧:

« 嫁への愛まで薄っぺらである必要はない | トップページ | 日本の宗教政党もこのくらいやるべきだ »