« 年の瀬のココロさん | トップページ | ぷよまんも復活すれば完璧 »

2008年10月28日 (火)

嫁への愛まで薄っぺらである必要はない

二次元キャラとの結婚を法的に認めて下さい - 署名活動するなら『署名TV』

署名プロジェクトの詳細 

もはや、僕たちは三次元には興味がありません。
できるならば、二次元の世界の住人になりたいとすら考えています。

しかしながら、現在の科学技術ではそれは実現されそうにはありません。
そこで、せめて二次元キャラとの結婚を法的に認めてもらうことはできないでしょうか?

もし、これが実現したら企画者は、朝比奈みくると結婚する予定です。

本気か冗談か皮肉か分かりかねます。

普段『○○は俺の嫁』と書く人なら冗談と取るでしょうし、二次元規制に反対する人は規制論者の『絵の少女の人権』に対する皮肉と取るでしょうし、それ以外の人は『オタクは現実と空想の区別がついていない』と取るでしょう。

そして残念なことに、世の中の大多数の人は『オタクは現実と空想の区別がついていない』と取るという現実。すごく…迷惑です…

二次元にしか興味がないのに、三次元における形式としての婚姻が認められるのを望むとは妄想力が足りなさ過ぎる。これでもやってろと。必要なのは法的整備ではなく、二次元に行く技術か、嫁が画面から出てくる技術ができる日を待つ気概。

|

« 年の瀬のココロさん | トップページ | ぷよまんも復活すれば完璧 »

表現規制」カテゴリの記事

コメント

AIが止まらないとか電影少女とかが実現するのを待てと?
ちなみに最近自分の中では、神のみぞ知るセカイがマイブームです!
3次元なんて興味がないと言い切る主人公が凄い・・・。
http://websunday.net/rensai/set_kaminomi.html
エルシィが可愛いのですよしかし絶対嫁にしたくはないのですよ・・・。
あんなの嫁にしたら食材にくい殺される・・・。

投稿: ポニ萌え | 2008年10月29日 (水) 00時30分

いや、まあ実際に待つ必要はないと思いますけどもね。

三次元での手続きに拘泥するより、脳内で嫁とキャッキャウフフ
するほうが楽しいし、嫁も喜ぶんじゃないかと思ったりも。
実際、それで一番嬉しいのは嫁の作者かもしれません。

どっちかというとこれを発端に二次元嫁自体が規制される
ことになりかねないかが心配です。杞憂だといいですが。

投稿: カワタカ | 2008年10月29日 (水) 10時35分

あれだけセカンドライフが話題になったのに
どうやら世間には定着しなかったご様子。
脳内だから費用もかからないのに。
あ、僕はビザ取ったんでしばらく向こうで暮らします。

投稿: メジロマ委 | 2008年10月29日 (水) 13時59分

リアル人生(ファーストライフ)でもいっぱいいっぱいなのに
セカンドライフなんて…という人が多かったのかもしれませんね。
分かりやすいタイトルなのも考え物です。

あと、自由度の高さが逆に『何ができるか』をぼやかせてたのかなと。

海外とはうらやましいですね。戻ってこられましたらまたどうぞ。

投稿: カワタカ | 2008年10月29日 (水) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/24823715

この記事へのトラックバック一覧です: 嫁への愛まで薄っぺらである必要はない:

« 年の瀬のココロさん | トップページ | ぷよまんも復活すれば完璧 »