« スペースわすれもの番長 | トップページ | 代わってほしい »

2008年10月24日 (金)

表現すること自体を規制すべきではない

レディコミは性犯罪発生のスケープゴートにされなくていいですね。

「レディコミ」へ県の規制強まる 今月は6誌を有害図書に指定 - 山陽新聞

 女性向けコミック誌「レディースコミック」(レディコミ)に対する、県の規制の網が強まっている。県条例に基づく今月の有害図書指定(個別)では、全9誌のうち、3分の2に当たる6誌がレディコミ。過激な性描写を含む作品が多く、今後も厳しい目が注がれる対象となりそうだ。

 県青少年課によると、指定したレディコミ6誌は、恋愛仕立てのストーリーなどに多くの性交渉シーンを盛り込んでいる。コンビニや書店では少女向けコミック誌などに交じって陳列している例もあることから、「未成年でも容易に購入でき、販売方法が不適切」として指定に踏み切った。

 レディコミは今年に入って毎月2誌程度が有害図書指定を受けているが、6誌に上ったのは「異例の事態」(同課)という。

安易な規制には賛成できませんが、見せるべきでない人間に見せないようにするのは必要だと思います。対策してても見るような未成年は、逆にほっとくくらいでいいんじゃないかと。この作品はフィクションです(以下略)くらいはすべきでしょうけど。

|

« スペースわすれもの番長 | トップページ | 代わってほしい »

表現規制」カテゴリの記事

コメント

そりゃあ女は敵に回すと面倒ですから・・・。
理論だてて説明しようがまるでアッテンボロー(銀英伝)のようにそれがどうしたで、粉砕でしょう!
話が通じないうえ行動力がある危険な存在には手を触れないんですよ・・・。
期制ってどの程度ですかね?
エロ雑誌の様に青テープ3か所くらい?
(これ平気で破る人がいるから凄い)
更にこのテープも謎なのが有害図書規制なのに大手雑誌社のエログラビア雑誌は対象外の罠・・・。
結構基準がいい加減なんですよね!

投稿: ポニ萌え | 2008年10月24日 (金) 07時23分

自分のブログで書き込み規制に合うとかどうなんでしょうか。

今回の規制は有害図書指定です。以下参照。

http://ja.wikipedia.org/wiki/有害図書

これに続けて指定されると、一般書店での取り扱い停止になったり、
一部のコンビにチェーンでその出版社の出版物全部を取り扱わない
ことになったりします。

あの青いシールは「慎太郎シール」なんて通称もありますね。
チンコで障子破る小説書いてた人が何を考えてるんだか。
書店は皮肉も込めて知事の著作にもシール貼るといいのに。
あと、判断基準のいいかげんさといえば下記事件が有名。

http://ja.wikipedia.org/wiki/松文館裁判

投稿: カワタカ | 2008年10月24日 (金) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/24704199

この記事へのトラックバック一覧です: 表現すること自体を規制すべきではない:

« スペースわすれもの番長 | トップページ | 代わってほしい »