« 全開!!重賞予想の結果(2008年08月 2週) | トップページ | レスキュー911 »

2008年8月13日 (水)

兵糧攻め

日本ユニセフ協会(ユニセフとは直接の関係がない組織)が毎日新聞の変態記事について抗議したそうです。

「変態ニュース」で毎日新聞ユニセフに謝罪 募金停止で「実害」

   日本ユニセフは2008年8月6日までに、同協会のホームページに毎日新聞社への抗議文と同社からの回答を公開。それによれば、日本ユニセフは7月22日付で

「今回貴社で起きた問題は、単に日本の品位を傷つけるのみならず、弊協会が長年に亘って児童の保護を訴え続け、その実績が認められつつある状況に冷や水をかけるもの」
「このような中で、弊協会に対しても『貴社に対する対応が手ぬるい』等のご批判が支援者から寄せられ、多くの方が抗議の一環として募金を停止するなどの行動に出られる等、世界の子ども支援の上で実害すら生ずる事態となっております」

と述べ、同社に謝罪を求める抗議文を赤松良子会長名で送付した。

毎日新聞英文サイト上の不適切記事に対する当協会の抗議文と、これに対する同社からの謝罪文 - 日本ユニセフ協会 (PDFファイル)

超露骨。募金が減りだしてから抗議したとしか思えないタイミング。J-CASTニュースの第一報は6月20日で、毎日新聞の「処分」が決まって検証記事が出たのが7月20日。日本ユニセフ協会の抗議が7月22日。一か月何してたんですかね。抗議に際して社内の処分や検証記事を待つ必要がまったく感じられないのですが。児童を題材とした性的表現のあるマンガやアニメの存在自体が児童の性的搾取を助長する、なんて言っておきながらクオリティペーパーの配信する『児童買春の具体的な方法』は自分のとこに抗議があるまで野放しとは片腹痛いです。そんな間抜け認識の児童保護の訴えの実績が認められつつあってよかったですね。僕は断じて認めませんけど。

金云々を言うなら豪勢な本部ビルの処分と、無駄なDMの停止でいいと思います。二次元規制に血道をあげるのも人的資源の無駄遣い。

|

« 全開!!重賞予想の結果(2008年08月 2週) | トップページ | レスキュー911 »

表現規制」カテゴリの記事

コメント

多分サブカルチャー封じたらそう言う犯罪逆に増えると思うよ・・・。
エロゲはある意味ガス抜き、それで犯罪に走るのは初めから頭がおかしい奴なんで、対象外一生精神病院放り込んでおけま~本当の心の声を言えば、税金で精神病院にかよわせるのめんどくさいから、即死刑が一番いんだけどね・・・。
いまいち犯罪者の人権とか言う人権団体がよくわからん・・・。
ま~言いたい事はガスの抜きどころを失うと逆にリアルに走るぞ・・・。

投稿: ポニ萌え | 2008年8月13日 (水) 21時23分

ガス抜きになるからというのもあるのですが、この手の活動に反対なのは
『治安のため』と称して、本当は『気持ち悪いから』とか『相容れない
価値観だから』というのが根底にある規制を容認できない、というほうが
大きいです。でないと、役に立たないものはなくしてもいいという方向に
進みかねないですから。

犯罪者の人権を守るのも法治国家としては大切なことだとは思いますが
(適法に捜査・取り調べを受けたり、裁判をする権利とか)、犯罪を行って
いないサブカル愛好者の『健康で文化的な最低限度の生活』を守ってくれそうな
弁護士が、犯罪者の人権を守る弁護士より少ないのは残念なことです。

人権という言葉も人口に膾炙しすぎて意味が曖昧になりすぎている
のかもしれません。○○の権利、と限定的に述べるほうがいいのでしょうね。

投稿: カワタカ | 2008年8月13日 (水) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/22964106

この記事へのトラックバック一覧です: 兵糧攻め:

« 全開!!重賞予想の結果(2008年08月 2週) | トップページ | レスキュー911 »