« 深層心理 | トップページ | 104 »

2008年4月30日 (水)

混ぜるな危険は『有害情報』

馬鹿じゃなかろうかと思います。

硫化水素の自殺法「有害情報」指定へ 警察庁、削除促す

硫化水素自殺の件数が顕著に増えたのは、ニュースで硫化水素自殺が報じられて以降なのにね。というか、『硫黄と硫酸を混ぜると硫化水素が発生する。高濃度のガスを吸うと死ぬ』(加熱も必要だったと思うのですが…)という科学的事実の記述もダメですか。

追記
たしか中学校くらいで、鉄と硫黄を加熱して硫化鉄を作った後、化合物の性質が化合前と異なる確認のために塩酸と反応させるという実験を行うことがあると思います。硫化鉄に塩酸を加えると同じく硫化水素が発生するわけですが、やっぱり有害情報ですかね?

参考
硫化水素、中2理科で発生実験…自殺相次ぎ教育現場を直撃

『塩素系洗剤と酸性洗剤を混ぜるとガスが発生する』(混ぜなくても、水での洗浄が不足していると普段と逆のほうを使うだけでもヤバい)のも有害ですかね。役に立つ情報だと思いますけど。

|

« 深層心理 | トップページ | 104 »

カワタカ技研日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/20673798

この記事へのトラックバック一覧です: 混ぜるな危険は『有害情報』:

« 深層心理 | トップページ | 104 »