« 時々ごっちゃになるねん | トップページ | 2007年10月の備忘録 »

2007年10月31日 (水)

悪い意味での三方一両損

<落語家・夢之助さん>「手話通訳気が散る」島根の敬老会で

主催者と演者と手話通訳者の打ち合わせができてないのが悪い。以上。

ただ、人を笑わせるのが仕事の人であれば…

「生まれたときから目が見えない人に、空の青さを伝えるとき何て言えばいいんだ? こんな簡単なことさえ言葉に出来ない俺は芸人失格だよ」 - 江頭2:50

「目の前で悲しんでいる人を見つけたら何とかして笑わせたい。 そのためなら警察につかまってもいい。寿命が縮まってもいい」 - 江頭2:50

くらいの心意気があってもいいと思うのですよ。

|

« 時々ごっちゃになるねん | トップページ | 2007年10月の備忘録 »

カワタカ技研日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/8698942

この記事へのトラックバック一覧です: 悪い意味での三方一両損:

» 夢之助って人の発言は良くなかった…けれど…。 [ぷにっと囲碁!なブログ 〜囲碁とほっぺたが大好きな人の日々のつぶやき。〜]
■想定外の要素が出てきたら、確かに「気が散る」かも <落語家・夢之助さん>「手話通訳気が散る」島根の敬老会で http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071031-00000020-mai-soci  島根県安来市民会館で9月17日に開かれた市主催の敬老会で、独演会をしていた落語家の三笑亭夢之助さんが、舞台に立つ手話通訳者に「気が散る」などと退場を求める発言をしていたことが分かった。通訳は舞台の下で続けられたが、同県ろうあ連盟は「聞こえない人に対する侮辱... [続きを読む]

受信: 2007年11月 3日 (土) 15時26分

« 時々ごっちゃになるねん | トップページ | 2007年10月の備忘録 »