« 全開!!有馬記念の結果 | トップページ | 2006年12月の備忘録 »

2006年12月25日 (月)

そのスピードで

うまライダー、今回のお題は『アグネスタキオン』です。


最も速い馬が勝つといわれる皐月賞。
最も運のいい馬が勝つといわれるダービー。
最も強い馬が勝つといわれる菊花賞。

そして、その全てを兼ね揃えた馬のみが三冠を得られる。

しかしである。どんなに速く、運がよく、強い馬でも、皐月賞を勝たなければ三冠の資格は得られない。同世代で唯一三冠への挑戦権を得るのが皐月賞馬。

ダービー馬アグネスフライトの弟。光より速いという仮想粒子タキオンの名を冠し、4戦4勝、GIは皐月賞のみ。同期のライバルは同年のジャパンカップを勝ち、王者テイエムオペラオーのGI勝利記録更新を阻止したジャングルポケット。ジャパンカップダートで、前年JRAのダートGI二冠のウイングアローを撃破した上にレコード連発のクロフネ。もう一頭は有馬記念も勝ち年度代表馬、翌年も天皇賞春を勝つマンハッタンカフェ。さらには皐月賞で二着に下したダンツフレームも後に宝塚記念を勝つ。

デビュー戦は、ロジータの仔リブロードキャスト、フサイチコンコルドの半弟ボーンキング、セレクトセールで1億9000万円の値がついたアドマイヤセレクトなど良血馬が勢揃い。出走メンバー中唯一の33秒台の上がりで圧勝。

2戦目ラジオたんぱ賞は、2着にジャングルポケット、3着にクロフネ。後のGI馬が3着までを占める。

年が明けて3戦目、弥生賞、ドロドロの不良馬場の中を一頭だけ平然と駆け抜けるアグネスタキオン。5馬身差。

安全運転で勝って見せた皐月賞。その走りはダービー、菊花賞での結果すら思わせるものがあった。

その矢先。屈腱炎での引退。

ダービーは皐月賞で大きく躓く不運のあったジャングルポケットが勝利。後にはジャパンカップも。菊花賞は遅れてきた馬、マンハッタンカフェが雌伏の時を経ての勝利。さらには有馬記念も獲って年度代表馬に。マル外開放ダービーの勝利を目指し、NHKマイルカップ勝利からダービーへ出走したクロフネは圧倒的な走りでジャパンカップダートを。

最も運のよい馬も、最も強い馬も、そして最も圧倒的な走りをした馬も、倒すべき相手のいないレースを走った。レースに出ていない馬は最下位の馬にすら勝てないのだから、各馬の勝ったレースの価値を下げるものではないけれど、もし再度の戦いがあったなら。勝負の結果が変わらないとしても、もっとすごいレースが見られたのかもしれない。そう思うと、逆に残りのレースを勝ったライバルたちが不運に見えなくもない。

アグネスタキオンを見て以降僕は、必ずダービーの本命を皐月賞勝ち馬にし、さらに二冠馬を菊花賞の本命にするようになった。たぶん、これからも同じことを続けると思う。アグネスタキオンはそのきっかけを作った馬として心の中に残り続けていくに違いない。

|

« 全開!!有馬記念の結果 | トップページ | 2006年12月の備忘録 »

うまライダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そのスピードで:

« 全開!!有馬記念の結果 | トップページ | 2006年12月の備忘録 »