« 決して脳内がピンク色だからだとかではないのです | トップページ | メイショウサムソン三冠を今から商標登録してみるのはどうか »

2006年8月 3日 (木)

さんすう

 みずほ銀行はバカなのか、それとも購入者をバカにしてるのか。

長者は「T・K」氏と「M・K」さん=ナンバー宝くじ-みずほ銀調査

 男性なら「T・K」氏、女性は「M・K」さんが当たりやすい? 数字を選んで購入する宝くじ「ナンバーズ」と「ロト」の高額当せん者に対し、みずほ銀行が実施したアンケートで、こんな結果が出た。 調査は昨年4月から今年3月にかけ、同行で100万円以上の当せん金を受け取った男女を対象に実施。6079人が回答した。 (時事通信) - 8月3日7時1分更新

 イニシャルの全ての組み合わせの中で、これらのイニシャルが突出して多い可能性をまったく考えないのはわざとですかね。以前も同じ調査に同じツッコミをした覚えがあります(男性の「T・K」が多いという結果も同じ)。あと、絶対数は少なくても割合で見ると高い数値を出している組み合わせ、というのも十分に考えられるのですが。

平成16年の宝くじ長者白書
平成15年度「数字選択式宝くじ」当せん者白書

 古いデータしかありませんが、ほぼ共通したデータが出ているということは『白書のモデルケースになっている人が、人口比でほかよりやや多い』ということが容易に想像できます。

 いいなぁ、こういう仕事。

|

« 決して脳内がピンク色だからだとかではないのです | トップページ | メイショウサムソン三冠を今から商標登録してみるのはどうか »

カワタカ技研日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/2920828

この記事へのトラックバック一覧です: さんすう:

« 決して脳内がピンク色だからだとかではないのです | トップページ | メイショウサムソン三冠を今から商標登録してみるのはどうか »