« ダメオラクル | トップページ | これなんて人民裁判?の補足 »

2006年7月17日 (月)

これなんて人民裁判?

昨日書いたものの続き。

原爆民衆法廷で有罪判決

傍聴した広島市立大1年生の別所保紀さん(18)は「原爆投下がどのように決定されたかなど、初めて知ることが多かった。あれだけひどい被害でありながら今も関係者の責任が明確になってないことに驚いた」と話した。

通ってる大学の先生が電波だと、単位取るにも苦労しますねぇ。ご愁傷様です。というか、検事と判事が同じサイドの()人間という無茶苦茶なものがまかり通っているこ との方が驚きですよ。

※訂正。『同じ目的を持っている』

|

« ダメオラクル | トップページ | これなんて人民裁判?の補足 »

カワタカ技研日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/2687092

この記事へのトラックバック一覧です: これなんて人民裁判?:

« ダメオラクル | トップページ | これなんて人民裁判?の補足 »