« 郵政たちが夏を刺激する | トップページ | 毒にも薬にもならないが、毒にやられてはいる »

2006年7月22日 (土)

ゲーム脳論者に読ませたい日本語

 新渡戸稲造さんは野球脳を提唱したことでも有名です。

 <強制わいせつ>育英高野球部員を逮捕 地区大会は辞退せず

 私立育英高校(神戸市長田区、阪本勝彦校長)の1年生の硬式野球部員(16)が先月中旬、女子中学生への強制わいせつ容疑で兵庫県警明石署に逮捕されていたことが22日わかった。同校は開催中の全国高校野球選手権兵庫大会で3回戦に進出しているが「出場辞退はしない」としている。この日、阪本校長から経過報告を受けた日本高校野球連盟の河村正・審議委員長(日本高野連副会長)も「事件の詳細が不明な現状では、出場の可否を判断できない」として、大会に引き続き出場することは差し支えない、との応急措置を決めた。
 同校などによると、部員は6月19日午後8時ごろ、同県明石市の自宅近くの路上で、女子中学生に自分の体を触らせるなどした疑いで、緊急逮捕された。部員は野球部の練習を終え、帰宅途中だったという。部員は今月26日の家裁の審判で処分が決まる予定。

(毎日新聞) - 7月22日19時47分更新

 一刻も早く、野球か育英高校を規制すべきだと思います。ゲーム脳どころの騒ぎじゃない。あと、一酸化二水素とかパンも危険なので規制対象に。

|

« 郵政たちが夏を刺激する | トップページ | 毒にも薬にもならないが、毒にやられてはいる »

カワタカ技研日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/2760423

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム脳論者に読ませたい日本語:

« 郵政たちが夏を刺激する | トップページ | 毒にも薬にもならないが、毒にやられてはいる »