« ダメオラクル | トップページ | メモ »

2006年6月30日 (金)

多分、何かの電波を受信してるんだと思う

 教育評論家って楽そうな商売ですね。いや、データに全く関係ない事象を読み解かないといけないので案外大変なのかも。でも、妄想することなら負けませんよ。

中高校生:不眠4人に1人、成人を上回る 10万人調査

中学・高校生の4人に1人が不眠を訴えていることが、日本大医学部の兼板佳孝助手(公衆衛生学)らの研究で分かった。10万人規模の調査で思春期の子どもの不眠の実態が明らかになるのは初めてで、不眠の割合は大人を上回った。大津市で開催中の日本睡眠学会学術集会で30日発表する。

 研究は、厚生労働省の研究班(主任研究者、林謙治・国立保健医療科学院次長)の調査の一環。04年12月~05年1月に、全国の中学131校、高校109校を無作為に抽出し、在校生に最近1カ月の睡眠状況や生活習慣、精神的健康度を質問した。回収数は約10万人(回収率64.8%)。

 不眠としたのは(1)なかなか寝付けない「入眠障害」(2)夜中に目が覚める「夜間覚醒(かくせい)」(3)朝早く目覚めて再び眠るのが難しい「早朝覚醒」--の3項目のうち一つ以上が当てはまった場合。その結果、不眠の割合は23.5%で、成人3030人を対象にした調査(1997年)の21.4%を上回った。

 入眠障害は14.8%で、成人の8.3%より6.5ポイントも高い。逆に、夜間覚醒は11.3%(成人15%)、早朝覚醒は5.5%(同8%)で、成人より低かった。

 不眠が多いのは▽男子▽精神的健康度が低い▽朝食を食べない▽飲酒習慣あり▽喫煙習慣あり▽部活動に不参加▽大学進学希望なし--などと答えた生徒だった。【根本毅】

 ▽教育評論家の尾木直樹・法政大教授の話 悩んで寝付けないのは思春期にはあることだが、あまりに不眠の割合が高く、大変な事態だ。日本の中高生は、携帯電話のメールの普及で、友人づきあいがバーチャル化している。それが、大人が思っている以上のストレスになっているのではないか。

  大人の21.4%と中高生の23.5%の差って、いわゆる誤差ってやつじゃないんですかね。しかも不眠の理由として生活習慣が挙げられてるのに、それは無視して携帯のせいですか。この人の頭の中の中高校生がバーチャルな気がしてなりません。ただ単に、体力が余ってるとか、将来に漠然とした不安があるとか、真夜中でも開いている店がある(飲酒・喫煙習慣はこのあたりと相関性がありそう)とかが、ごく当たり前の理由としてデータから読み取れます。

 で、このアンケートで『不眠』とカウントしたのが

(1)なかなか寝付けない「入眠障害」
(2)夜中に目が覚める「夜間覚醒(かくせい)」
(3)朝早く目覚めて再び眠るのが難しい「早朝覚醒」

 であって、夜更かしした次の朝いつ頃起きるかは考えてないんですね。つまり、朝食を食べないのは『朝食を食べない→不眠』ではなくて『夜更かし→朝起きるの遅い→朝食の時間がない』の可能性があるわけで、この調査自体穴だらけ。穴だらけのデータの上に、バーチャル脳の教育評論家が妄想垂れ流してるという悪循環。いいなぁ、妄想垂れ流してお金もらえる商売。

|

« ダメオラクル | トップページ | メモ »

カワタカ技研日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/2446198

この記事へのトラックバック一覧です: 多分、何かの電波を受信してるんだと思う:

« ダメオラクル | トップページ | メモ »