« 同じチラリズムじゃないか! | トップページ | 書いてはみたものの »

2006年5月 9日 (火)

メガネっ娘に関する考察

 100質100答に先駆けて、『時東ぁみのメガネに嫌悪感を示す人がいるのはなぜか』というのを考察してみようと思います。

 世間一般の前提として、女の子+メガネ=メガネというのがあるのですが、そもそもこれが間違いの元ではないかと思います。というのも、時東ぁみのケースではメガネをかけていない時期はただの売れてないアイドルであり、今のように『メガネっ娘としていかがなものか』というようなバッシングはなかったわけです。メガネが単純にプラス要素であるならば、売れてないアイドル+メガネ=メガネのおかげでちょっと売れるアイドルという図式が成り立つはずです。

 それが成り立たないのは、メガネっ娘=女の子×メガネだからではないかと推測できます。メガネは掛けるものだからとかいう駄洒落でこういうことを思い付いたのではないので要注意。メガネっ娘の人気度をyとし、メガネの底上げをxに、本人の魅力を変数aとした場合の式はy=axとなり、aの値が小さい場合はメガネっ娘としてイマイチ、マイナスならバッシングに至るのではないかという仮説。

 もう一つの仮説はa≧0かつx≧0として、y=ax+bという形で第二の変数bが入ってくる場合。この式を使えばメガネっ娘としては人気イマイチである光浦さんの知的な部分を大幅に加点できます。この場合のbはメガネキャラらしさを入れるのがふさわしいでしょう。
 時東ぁみの場合、メガネキャラらしさが大幅にマイナスなのがメガネっ娘としての不人気に繋がっているのではないでしょうか。視力1.5なのと、あからさまに『メガネっ娘萌え』の層を狙いに行ったのがマイナスです。a・xの部分で挽回できればよかったのですが、元が売れてないアイドル(aに入る値が小さい)ですからそれも難しいわけです。

 結局、変数aやbに入る数値は恣意的なものですから単純に嫌いだからで済む話だったりします。ああいう安易な売り方を見ると、単体では厳しいAV女優にメガネ掛けさせたりコスプレさせたりするのとダブって仕方ありません。あと、つんく流の『変な表記で心に引っかかる』作戦も見る人のムカつきに拍車を掛けている気がします。ただ、嫌われてでも名が売れれば芸能界では勝ちですからね。

追記:かけるメガネの種類によって x の値が変わるのではないかというのも考えたのですが、面倒なので深く考えないことにしました。

|

« 同じチラリズムじゃないか! | トップページ | 書いてはみたものの »

カワタカ技研日誌」カテゴリの記事

コメント

個人的にあれが嫌いな理由は
笑ったときの目が漫画みたいなカーブラインだから。
せんちめんたる・・・のプロモ見て噴きました

投稿: メジロ | 2006年5月10日 (水) 19時32分

 かなりの数のメガネを持ってるらしいんですが、どれも合ってない感じがします。マンガの表現だと少し下にズレてるのがいいんですが、三次元だとイマイチのような気も。レンズが小さくて縁が目立たないものか、ゴーグルっぽいのがいいんじゃないかなぁ、とまじめに考えてしまいました。

 ただ、水着+メガネをやる人がいないので希少価値はあるかと。

投稿: カワタカ | 2006年5月10日 (水) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/1737550

この記事へのトラックバック一覧です: メガネっ娘に関する考察:

« 同じチラリズムじゃないか! | トップページ | 書いてはみたものの »