« 真ん中の『・血・』が顔に見える | トップページ | 2006年03月の備忘録 »

2006年4月 1日 (土)

もはや松山と僕をつなぐのはこの鍵だけだ

先日松山に行ってきました。 一次会は飲み会で二次会はキャバクラ。そこでの壮絶バトル。

『血液型何ですか~』

早速出やがったな。

『血液型性格診断ってのは統計的な云々…』

『え~、でも私の周りでは大体当たってますよ』

『知り合いって言っても数十人単位で、しかもその人の一部分だけを…(中略)…それにいわゆる血液型固有の性格に当てはまらない部分については例外として処理して、当てはまる部分だけ拾って…』

『だから~、同じA型でもAAとAOでは違ったりするんですよ~』

『いや、そこまで細分化すると少ないサンプル数ではばらつきが…』

『へぇ~、そうなんですか。ところで何型ですかぁ?』

『O型だけど…』

『あ~、だから頑固なんですね』

『…』

その後、一人で三次会。メイド喫茶じゃないのにメイドさんがいるお店でした。ただ、メイドさんはいいんですけれども、出てきたメイドさんが

仮面のメイドガイ(1) (カドカワコミックスドラゴンJr) 仮面のメイドガイ2 (カドカワコミックスドラゴンJr)

みたいな感じでした。強そう。

|

« 真ん中の『・血・』が顔に見える | トップページ | 2006年03月の備忘録 »

妄想20代盛り場」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/1243898

この記事へのトラックバック一覧です: もはや松山と僕をつなぐのはこの鍵だけだ:

« 真ん中の『・血・』が顔に見える | トップページ | 2006年03月の備忘録 »