« カワタカ技研CGI支店2006年01月 | トップページ | 2006,3,1 »

2006年2月 1日 (水)

カワタカ技研CGI支店2006年02月

過去日記のコピーです。

今月の備忘録 2006,2,28
死にカタログ 寄藤 文平
潰れないのはさおだけ屋だけじゃなかった リテール経済研究会・三銃士
株式投資 これだけはやってはいけない 東保 裕之
ClothRoad

密造・・・じゃないですよ 2006,2,27
 実家から送ってきたミカンでミカン酒を作る。醸造だと酒税法に触れますけどね。今から出来上がりが楽しみです。

日米ダービーオーナーより巨人のほうが上という日本のスポーツ文化 2006,2,25
関口房朗氏のブログより
以下一部引用

さて、そろそろ失礼しよかと思ったら記者に囲まれた。まあこんなによおさん記者さんもおるし、ワシもサービス精神旺盛になっちゃって「ワシの馬の名前つけよかな、タツノリなんてエエね~」なんて話しながら、エアグルーブ04なんて5億円の馬もおるしな、ってな話になってな。そしたら今朝の新聞見てビックリ!どこも一面でデカデカ、えらい騒ぎになっとるやんか。馬チームはカンカンに怒っとるし、ワシも「リップサービスのつもりやったのに、なんでああなんねん?」と弁明しきり。

以上引用

サンスポの妄想記者さんの記事
以下長いけど全文引用

『フサイチタツノリ』命名したい!原監督に関口房朗氏が直訴 [ 02月24日 08時05分 ]
サンケイスポーツ

 これぞ、究極のバブリー計画!! 巨人の宮崎キャンプに23日、競走馬の馬主で有名な関口房朗氏(70)が電撃訪問。原辰徳監督(47)に4億9000万円で落札した期待の新馬に「フサイチタツノリ」と命名したい旨を直訴した。さらに、V奪回時にはポケットマネーで300本の超高級シャンパン『ドンペリかけ』構想まで激白。ウソのような本当の話。サンスポ記者も驚きのレポート…。

 2年前に史上最高価格で落札されたエアグルーヴの04(奥は母馬のエアグルーヴ)。フサイチタツノリの名(?)で日本一(ダービー制覇)を目指す

 サラブレッドとドンペリ。この2つから連想される究極の答えは…。記者のような小市民には、全く縁のない夢プラン。答えは原巨人のV奪回支援計画だった。

 「野球も競馬も盛り上がってほしいからね。私のところに2歳馬がいて、監督の名前をつけてよいですかってお願いしたんですよ」

 記者には全く手の届かない超高級ふわふわコートを身にまとった紳士。六本木ヒルズ最上階在住の関口氏が原巨人を電撃訪問し、バブリープランを大マジメに披露した。

 実はこの馬がすごい。菊花賞馬・ダンスインザダークを父に、男馬相手に天皇賞を制し、女傑と呼ばれたエアグルーヴを母に持つ超良血。一昨年のセリ市で国内史上最高額の4億9000万円で落札された。本格デビューに向けて6月には入厩予定。大のG党でもある同氏が原監督の名前をちょうだいして『フサイチタツノリ』と命名したい旨を申し出たのだ。

 だが、これで終わらないのが本当のお金持ち。原巨人V奪回の暁には、あの超高級シャンパン『ドン・ペリニョン』を大盤振る舞いするというからビックリだ。「監督には“ビールかけなんてやめなはれ。ドンペリを300本ぐらいかけなはれ。私が持っていくから”って言うといた」

 ベンチから選手のトレーニング風景を見て、原巨人のV奪回を確信したという関口氏。「勝負はやっぱり勝たな。原監督ならやれるよ。命名? 監督はハハハって笑っとったけど、嫌でもこっちは付けられるからね」というのだから、もうフサイチタツノリで決まったようなもの?

 見事なほど真っ赤なネクタイで、次々にゴージャスプランを打ち出す関口氏に圧倒される。さて旋風を巻き起こすのは『フサイチタツノリ』か『ハラタツノリ』か。両者の頑張り次第では、小市民の記者もご相伴に預かれるのでは?と妄想は膨らむばかり…。
(山田貴史)

以上引用

 これ、どっちかは嘘を言ってるってことですよね。記者さんの最初の段落と最後の一文がこの記事の捏造くささを表してますよ。本当であろうエアグルーヴの04のプロフィールまで怪しく思えてきます。つーか、記者が自分の文章で二度も信憑性の怪しくなる文句を入れるなよ馬鹿。この業界はベンチがアホだから野球ができなくて巨人はロッテより弱い時代から全く体質が変わっていないですねぇ。

もちろん予想大会の更新ができないのにも困っています 2006,2,24
 合同日記、今回のお題は『苦手・悩み・困る(おまけで変形も)』だそうです。こういうお題の出し方が変た…じゃなくて変形ですよね。

 苦手なもの。人との会話。文章のほうがいくらかマシです。後から書きなおせるし、整合性の確認もしやすいし。よって、言葉尻をとらえる人も苦手。文脈じゃなくて単語に食いつく人も苦手。根拠のない話を延々する人も苦手。たいてい、そういう人は押しが強くて決め付けが多いのも苦手。根拠のなさを指摘するとかえって頑なになる人も苦手。自由意志に基づいて行えばいいことに対して『~しなければいけない』という人が苦手。自分の普通しか普通と思わない人が苦手。

 悩み。これは以前にもお題で出てたような気がする悩み。解決する気もないのに人の悩みを聞いてくる人にいちいち答えなければいけない悩み。悩みがなければ馬鹿のように思う人がいる悩み。めんどくさいので『悩みがないのが悩みですかね』と言わなければならない悩み。

 困ること。いちいち晩飯を何にするか聞く人がいて困る。何が目的で聞いているのか理解に困る。いちいち人のことを聞いてくる人に対して『何故それが聞きたいのか』という問いに『知りたいから』と答えられた時の困惑。および、『聞かれたくないことは答えない』と言ったにもかかわらずなお聞いてくる人に対してどうすればよいか。

 変形。よく朝になると変形していることが多いです。髪型が。

引用とか診断結果が多いのは水増しのためです 2006,2,23
 ウーピンさんがやってた恋愛障害者認定テスト。選択肢の中には四肢障碍というのがあったのに、ページは障害なのは何かの意図があるのか。

[テスト結果]
恋愛関係構築力: 25
恋愛幻想度: 140
あなたが今後の人生で出会う(顔と名前を知る)異性(同性愛者は同性)の数: 268人
あなたが今後の人生で経験する恋愛の回数: 0.399回
恋歴社会ドロップアウト指数: 55%
恋愛障害者認定: 2級

やや重度の恋愛障害が見受けられます。この段階ではそもそも恋愛が自分にとって楽しいのかどうかが分からなくなってきます。自分にとってどうするのが一番幸せなのかを一度考えてみてはいかがでしょうか。

 むしろ恋愛に幻想を持ってないんですけども。病気と認定すれば病気になってしまうのはアメリカの精神医学会みたいで愉快ですね。

お詫び 2006,2,22
 予想大会の結果更新ができてなくて申し訳ないです。決して忘れてたとか、アルトネリコとか、ディスガイア2とか、ばんがいちとか、濱中アイとかが原因ではないのでご容赦ください。ようやく更新できるかと思ったらサーバーエラーが出るのですよ。不安定さだけなら前の日記に匹敵します。使い勝手は悪くないんですけどね…

one more try 2006,2,17
 合同日記、今回のお題は『挑戦(やってみたいこと)』です。副題つきは初めてですね。挑戦→トライ→TRY→TWO-MIXという連想をしてしまいがちなのですが、これも10年くらい前の曲なんですよねぇ。古いな。
 もうひとつ思い出すのは織田裕二主演の『T・R・Y』という映画。何がトライかよく分からないのがいいと思います。日中戦争前あたりに上海で暗躍した詐欺師のお話。あのあたりの時代をテーマにした作品は右にしろ左にしろ恣意的な視点から描いたものが多くて辟易するのですが、これは単純にエンターテイメントとして楽しめたと思います。歌を織田裕二が歌っているのもお約束。踊る大捜査線2よりは面白いと断言できる作品です。

 今年の新たな挑戦としては『読んだ本のリストアップ』というのをやっていきたいです。ほんとは書評も書けたらいいんですが、まとめて書くのは正直きついし、バラバラに書くとあとで見直すのが難しいのでボツ。それに僕の日記を読む人はそんな高尚なことは求めていないような気がします。お前さんはメイド喫茶のレポを書いてればいいんだよという一部の声もありますし。

 あとは、ますざぶでイラストネタを増量しようかという目論見。僕のネタから新コーナーも発生したわけですしちょっとがんばってみようと思います。それに関連してこちらの新コーナーを立ち上げる挑戦。

 および、誰か俊哉さんを止めるのに挑戦してほしい予想大会のお知らせ。

予想大会のお知らせ 2006,2,16

マジで!? 2006,2,12
徳島に冥土・・・じゃなくてメイド喫茶があるらしい。

愛散々 2006,2,10
 合同日記、今回のお題は『愛』だそうですよ。ラブです。ブは下唇を噛むようにして『ヴ』です。カタカナの『ヴ』を作り出したのは福沢諭吉だという説を聞いたことがあるのですが、調べてみると自称らしくそれ以前にもいくつか『ヴ』の表記を試みた例はあるようです。あと、英語の『L』の発音は『ぉ』を当てるとそれっぽく聞こえるらしいですので、ネイティヴと話をするときに活用して恥でもかいてください。

 これだけ普遍的なテーマだと、何を書いても大抵誰かと同じことになってしまいそうな気がします。男女間の愛についてとかいわれても書ける気がしませんし、かといって人類愛とか言い出したら恥ずかし死にしそう。

 『お金で愛は買えない』と言われています。もっとも『愛でお金は買える』という人もいて、じゃあ結局流通してるんじゃないかと思うんですが、『生協の白石さん』に言わせると、愛が売られていたら気を付けたほうがいいということなんですね。金で買えるのは擬似なものでしかありませんが擬似的なものでもサービスとして成り立っているのならそれはそれでいいような気もします。サービスを提供している間は擬似的と感じさせない、それがプロフェッショナル。

 愛は始まるのより維持していくほうが大変なのだと思うのですが、始まる気配もない僕としてはそこまで想定するのは考えすぎなのかもしれません。僕と愛を育めそうな女性となると、酒好きで血液型性格診断に懐疑的で細木数子嫌いでものの見方がネガティブな人あたりだと思うんですが、話は合うとしてもやな人だなぁと思わずにはいられません。たぶん、こんなだから始まりそうもないんでしょうね。

 とりあえず、遅刻寸前でトースト咥えながら出勤しようと思います。

涙そうそう 2006,2,9
 ちょっと前に徳永英明の『VOCALIST』を買いました。オリジナルの歌手が歌っているのでCD持っているのは中島みゆきとくらい(カバーを含めれば夏川りみも)なんですけど、どの曲も心に沁みます。最近涙腺緩くなってるんで運転中とか危険。

 どうでもいい感想としては『はなみずき』の歌詞で、庭のはなみずき…という部分が『にわのは なみずき』になるところ。『にわの はなみずき』でも音に乗せられると思うのは素人の浅はかさなんでしょうね。もしくはMoon Chidの聞きすぎか。

のまのま 2006,2,6
 合同日記、今回のお題は『酒』です。なんとなく一回書いたような気がして、過去の合同日記を最初から読み直し。結局ありませんでした。多分飲み物の回で書いたのを勘違いしたのだと思われます。これはインスパイヤ(誤用)なんだと主張。

 今年に入ってからは数えるほどしか酒を口にしていません。尿酸値がヤバい。観月ありさの『軽くヤバい』どころじゃなく、『かなりヤバい』のです。まだ痛風にはなりたくないので控え気味に。なければないでなんとかなるもんですね。

 松山では週1回以上のペースで飲みに行っていましたが、徳島では会社での付き合い以外では一度も行っていません。久しぶりに松山に行ったら行ったで、行きつけのバーのマスターがやめるらしいという話で残念無念。オアシスが涸れた気分です。よく競走馬と同じ名前のとか、競馬にちなんだカクテル頼んだりしたなあ。スティンガー、ロブロイ、マンハッタン、ソルクバーノ、ギムレット、ミントジュレップ、ホーセズネック、ハートランドで作ったシャンディガフなどなど。まあ、ハートランドヒリュの由来は『ハート+ランドヒリュウ』であって『ハートランド+ヒリュウ』ではないんですけども。

 酒は『裂ける』に通じるから縁起をかつぐ場では忌み言葉とされるようです。えびす祭りの『商売繁盛ササ持って来い』のササも酒を指している(こともある)そうです。お祝いの酒といえば他には菰樽の鏡開きがありますが、あれを鏡割りというアナウンサーはどうにかならないですかね。

 この日記自体は素面で書いていますが、酒の力を借りてものごとを為そうとするのはいただけません。過去の日記を読み返すといただけないことを結構やってて飲まずにいられなくなりますけども。

今日からあなたも占星術師 2006,2,5
 これで的中したことになるならいい商売ですね。むしろ、『私の言う通りにしないから』とかのほうが、まだ信憑性があるように見せかけられる気がするんですけども。

以下引用

細木数子氏、ホリエモン占い当たった強調

 占い師の細木数子氏(67)が3日、フジテレビのバラエティー番組「幸せって何だっけ」の中で、堀江容疑者についての占いが当たったことを強調した。細木氏は「彼はスッテンテンになりますよ。(かつてのテレビ番組で堀江容疑者に対し)『スッテンテンになります』って言ってるでしょ」と自信満々に述べた。ちなみに昨年7月、同局の「25時間テレビ」では「女には気を付けなさいよ。スッテンテンになるから」と“女性で失敗する”というニュアンスで発言していた。
 細木氏は過去、同局の番組などで何回も堀江容疑者と対談。「ライブドア株価が5倍になる」などと“予言”していた。それを信じて同社株を購入した株主もおり、強制捜査後、暴落で大損した一部株主から、細木氏に対する批判の声も上がっていた。だが同番組で細木氏は「『(堀江容疑者が)こうなる』と言った。常識と知識がないから、していいことと悪いことの『基礎工事』を教えられていない。今、こういう子ばかり」と斬(き)り捨てた。
(日刊スポーツ) - 2月4日9時54分更新

引用以上

 一代で築いた財産を死ぬまで維持できる人が一体どのくらいいるのでしょうか。期限切らなきゃ何とでも言えるし、当たらなければ『私が警告したから回避できた』とでも言えばいいのですよ。統計だから外れることもあるという言い訳もできるし。

 カワタカ氏は「どうせなら『女に気をつけろ』より『人間関係に気をつけろ』のほうが、より広い範囲をカバーできたのにと思います。あと、投資に人の判断を取り入れるのはいいけど、相手を選んだほうがいいのではないか。むしろ暴落で儲けてこそ真の投資家。常識と知識がないから、信じていいことと悪いことの『基礎工事』を教えられていない。今、こういう子ばかり」、と斬(き)り捨てた。

本文引用はのちほど 2006,2,4
だから、影響だと判断する根拠は?

リンク切れ対策のため以下引用

ゲームで腕磨き公道で100キロ…中3暴走6人けが

 松山市で昨年12月、同市立中学3年の男子生徒(15)が、市内の市道などで約3時間にわたって断続的に車を運転し、幅がわずか5メートルの道を時速約100キロ以上で走行したり、急発進・急減速を繰り返したりしたあげく、ひき逃げ事故を起こし、松山東署に業務上過失傷害、道交法違反(ひき逃げ、無免許)容疑で逮捕されていたことがわかった。

 ゲームセンターのレースゲームで運転技術を磨いたという男子生徒は「本物の車に乗り、スリルを味わいたかった」と供述している。

 調べでは、男子生徒は昨年12月10日午前0時ごろ、盗んだ乗用車に仲間の少年少女5人を乗せて、松山市南西部の住宅街の市道などを暴走。赤点滅の信号を無視して交差点に進入、タクシーとぶつかり、タクシー運転手の男性(51)ら6人に重軽傷を負わせた疑い。男子生徒は2日後に逮捕された。

 調べに対し、男子生徒は、週末には親や先輩の車を借りて公園や港の岸壁で運転し、「運転技術には自信があり、公道でスピードを出してみたかった」と話しているという。

 捜査員は「幅約5メートルの細い道で100キロも出すなんて信じられない。ゲームの影響かもしれない」とあきれている。
(読売新聞) - 2月3日18時53分更新

引用以上

 カワタカは『少年犯罪についてゲームの影響だと言い切るなんて信じられない。愛媛県警は裏金の作りすぎかもしれない』とあきれている。

てっきり、ネットで人が死んだかと思いました。

殺人を依頼するって、ネット普及以降のものだったんですね。初耳です。

取り締まる公権力とそれを報じる機関が、捕まる方に匹敵するほどアレなあたりが日本って素晴らしい。クレイジーな発言にも自由が保障されている点で。

とりあえず訂正 2006,2,3
ネットで実行犯を募った殺人事件について。

>嘱託殺人って・・・

嘱託殺人は自らを殺すように頼むこと、の意味のはずです。

正しくは『殺人依頼』なので、とりあえず訂正を。

あと、合同日記の

>通風に・・・

は痛風の間違いです。

見返り武人 2006,2,2
 先月は食べ物と本とテレビのことを主に書きました。内容がいつも以上に薄いのは写真でカバー(できたかどうかは知りませんが)してみました。あと、携帯からの更新が多かったので字数制限が厳しかったですね。1月30日のが丁度いっぱいいっぱいの分量。要旨をまとめれば、いつもの日記でもこのくらいで書ききれるという好例ではないでしょうか。

 今まで記録はしてなかったので分からなかったのですが、一月に30冊以上も買っている驚き。これは多いのか少ないのかが分かりません。このペースでいくと年間400冊くらいになるんですが。

|

« カワタカ技研CGI支店2006年01月 | トップページ | 2006,3,1 »

カワタカ技研日誌」カテゴリの記事

リサイクル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/1752546

この記事へのトラックバック一覧です: カワタカ技研CGI支店2006年02月:

« カワタカ技研CGI支店2006年01月 | トップページ | 2006,3,1 »