« カワタカ技研CGI支店2005年07月 | トップページ | カワタカ技研CGI支店2005年09月 »

2005年8月 1日 (月)

カワタカ技研CGI支店2005年08月

8月31日の日記 2005,8,31
昨日書いた発言小町のトピックスが削除されてました。自称人事担当の方のアレっぷりが楽しかったのになぁ。

マナーとルールの違いも分かってない議論と、該当する法律の提示のない叩きばかりで論点もずれていってたし。たぶん差別問題に触れる書き込みがあったんでしょう。


 第三回送別会。送りすぎだろ。キャバクラのハシゴでおおはしゃぎ。その後、いつものバーへ。ベロンベロンになる。

やっぱり生きている人間のほうが怖い 2005,8,30
久しぶりの発言小町ネタ(面接でこれって答えるべきなの?

面接で家族のこととかを質問されて驚いた方の投稿。僕も面接のときにこの質問をされたことがあります。その時は『就職課からの指示でこの質問には答えないようにと言われているのですが』と答えた覚えがあります。根拠としては職業安定法があるみたいです。当時は知らなかったですけど。まあ、結局答えたわけですが。弱っ!!

 で、皆さん概ねまともな返答(根拠レスなのが多いけど)なのに、自称人事とか採用担当の方が『アリだろ』という趣旨の発言をしてるんですよ。しかも平日の業務時間と思われる時間帯に。僕なんか平日の業務時間のインターネット閲覧は戦々恐々とやってる…ないのに、人事の人はいいですなぁ。人事は人事(じんじはひとごと)ってやつですか。

送別会リターンズ 2005,8,29
 中ボスが個別に送別会をしてくれることになりました。肉と魚のどちらがいいか聞かれたので魚に。僕は日本酒とか米焼酎が好きなので魚のほうがよいのです。ご馳走といえばステーキだなんて世代とは違うのです。もう一人誘ってもいいとのことで、前回参加しなかったMくんを呼ぶことに。すると『あいつが来るなら肉のほうがいいな』『そうですね』上司には逆らえません。嘘です、皆に喜んでもらえるのが僕の喜びです。これも嘘ですが。

 その後キャバクラ。ワンパターンすぎる。でも、このワンパターンはいいと思います。

社会における不愉快なコミュニケーションをぶち壊す想定問答集 2005,8,28
○何か失礼なことを言われて、言い返したとき

『そんなに怒るなよ、ほんの冗談なのに』
『冗談ならもっと面白いの言ってください、笑えなくてムカつきます』

○買ってきた弁当をあからさまに覗かれたとき

ケース1
『欲しいんですか?』
『いや、別に…』
『じゃあ、物欲しそうに見ないで下さい』

ケース2
『欲しいんですか?』
『くれるの?』
『○○円です』
『金取るのかよ』
『金もないのに物欲しそうな面すんじゃねぇよ、この貧乏人が!!』

○趣味に走った本・CDの見つけ方及び、質問者が知らないだけで割と有名な話なのに雑学とかトリビアとか言われたとき

『そういうのって、どうやったら見つけられるの?』
『つまらない冗談を考えたり、人の飯を物欲しそうに見つめたり、休みに何してるか聞く時間をなくせば簡単に見つかりますよ』

あくまで想定問答集です。表向きは。

前門の虎、後門の狼 2005,8,27
 本屋で、振られたコにばったり。うわ、気まずっ!!

 まあ、徳島行っても状況は変わらないのですが。

なんでもかんでも最後 2005,8,26
 別の大ボスが来てたので飲み会。なぜか僕が段取りをすることに。あの、僕もう転勤するんですけど。

 一次会が終わって、二次会はキャバクラ。よく来た店ですが、ここも今日が最後。

 三次会は道後のお店へ。よく来た店ですが、ここも今日が最後。なんだか感慨深いものがあります。
 ・
 ・
 ・
 あの、これどう見てもAなんですけど。どう見てもBじゃないんですけど。なんか僕の方がカップが大きいかもしれないんですけど。

 徳島では『相パネル眼を磨こう』と強く心に決めました。ほんとに。

送別会顛末記 2005,8,25
 職場の歓送迎会が行われることになりました。案内が来たときは歓迎会だったんですけどね。でも、会費は無料になりました。わーうれしい。

 宴もたけなわ、記念品の贈呈。ネクタイでした。僕の職場では男性社員を送る場合ネクタイが多いので想定の範囲内ですけど、どんな柄がいいかを聞かれたのは予想外でしたよ。無地のネクタイが好きなので『無地で派手なの』というやや難しめの注文でしたが、プレゼンターはその注文に応えつつ使いやすいオレンジ形の物を選んでくれていました。さっそく頭に…は、流石に申し訳ないので普通に着用。食べこぼしが心配だったのですぐ外しました。
 続いて、恒例となったグダグダの挨拶。これももう最後です。一応主役なのに、何で会を仕切ってるんでしょうか。よく分かりません。

 二次会は大ボスに連れられて、以前も行ったことのあるお店に。つーか、そこはこの前『ノリが悪い』と説教されたところじゃないですか。最悪。血液型と、占いと、仕事の話しか出来ないところは苦痛なのです。お酒は好きですけども。

 三次会も大ボスの知っている店に。薔薇族っぽい、ママというかマスターというかママスター的な人がいました。ろくでなし歌いながら鼻から豆。酔ってるから笑うけど、もろパクり。あと、モニターを見ずにカラオケ歌うあたりが自分と重なって、ものすごく嫌でした。なぜこんな苦い思い出を残して旅立たないといけないのか。

 徳島では『まともな飲み屋を探そう』と強く心に決めました。ほんとに。

『求めよ、されば得られん』とはいうが、『得たくないものを求めてもないのに得てしまう』のはどうしたらいいか 2005,8,24
 人が決めた部屋の資料を勝手に見て、本人が気にしてない『1階の部屋』とか『騒がしい場所』とかを指摘した挙句、『ここ絶対やめた方がいい』と、先方に電話が繋がってから言うのはどうか。金を出さないのなら口を出さないでほしい。金を出すのは(物件を提示してきた)会社で、決めるのも住むのも僕ですから。黙っててほしい。

シャー 2005,8,23
 合同日記、今回のお題は『写真』です。携帯からだと俊哉さんの日記が見られないので普段どおり書いてたんですけど、図らずも金曜日は写真を添付していました。内容と全く関係がないのを。

 写真といえば『写ると魂を抜かれる』という俗説を思い出します。奇数で写った時に真ん中の人が早く死ぬとか、魂抜かれた人は他の人より薄く写るとかのバリエーションがあるそうです。対抗手段としては偶数で写るとか、奇数の時は添え物を入れるとかがあるそうです。
 まず、真ん中の人が早く死ぬのは『目上の人(≒年齢が上の人)のほうが、残りの寿命が少ない』というごく真っ当な理由。薄く写るのは撮影者の腕が未熟だからという気がします。本当に死にそうな人が薄く写るか、薄く写った人の一定期間経過後の生存率を調べなければ因果関係があるかは分からないですね。

 あと、自分の撮影技術の未熟さを心霊のせいにするのはどうかと思います。『写真に写る→可視光線が反射する→目に映る』のはずなのに、目には見えず写真にだけ写るのが解せません。仮に幽霊が実在して何らかの行動を起こすことが可能なら、奴等のエネルギー源はどうなっているんでしょうか。意思があるならそれを司る器官もあるだろうし。原因を考えずに、すぐ心霊現象に飛びつく風潮はよくないと思います。下手に写るのを心霊のせいにしてたら技術の向上もありません。

 で、ここまで言って僕自身の写真はどうかと問われると、上手くもないし撮りもしないという状態でして、写真で魂抜かれる云々の前に魂入ってないんですね。だからプロの技術と魂のこもった写真集を鑑賞するわけです。

 つまりは『NUDITY最高!!』ってことです。



帰省顛末記

19日
 休み明けに着るワイシャツがないのに気付き、朝から洗濯。泥縄なのは否めない。その後用事を思い出し職場に。途中で電話があり、その用件で来いと言われる。軽くイライラ。預金を下ろし、ガソリンを入れたところで忘れ物に気付き、再度職場に。土産を強要され、さらにイライラ。もみじ饅頭もないほどの田舎というのを懇々と言って聞かせる。
 高速道路とは名ばかりのしまなみ海道を通り、実家に。忘れないうちに車の借金を返そうとしたら、父が怪我で入院という話。渡そうとしていた金が50万円からガソリン代等を引いた49万円で、慌てて引っ込める。結局48万円にして渡す。オカルトは信じないけど、縁起は担ぐ。これはマナーを重視してのことなので僕にお金をくれるなら49万円でも喜んで頂戴いたします。

20日
 寝て、本読んで、寝る。父の見舞いに行く。割と元気そう。

21日
 友人と『どれだけ暇か』のメール。晩に飯を食べに行くことになった。

 一応市内(以前だと隣町)のファミレスで食事。仕事の話と、その他他愛もない話。僕に彼女ができない理由の分析は的を射ていた。大学時代の友人が、一番僕の本質をつかんでいると思う。無理に話を強要しないし、『○○すべきだ』という論調で語らないので楽チン。AVネタで話が盛り上るのはどうか。

 帰宅後、母に友人のことを聞かれる。大学の時の友人かどうかまではいいとして、職業まで聞くので軽くイライラ。別に人には言えない職業ではないけど、おそらく一生会わない人物のことを知ってどうしようというのか。何故聞くのか問うのはバカバカしいけど、聞いてどうするのかはすごく問いたいんですよ。僕が実家に帰りたくない主な理由がこれ。不毛な会話が多すぎる。これに関しては僕が神経質すぎるだけかもしれないけど。

22日
 寝る。本を読む。寝る。帰るとき眠くならないよう寝だめ。人の本を読むと、自分で買って読む本の偏りが解消されるような気がして、いい。実家に帰る理由の一つ。後は姉と兄に会うことと、墓参り。兄とは今回も会わなかった。会って何をするというわけでもないので特に支障はない。そういう点では僕と兄は似ているかもしれない。

 夕方、出発。祖父母の家に。何故だか、ご近所の不幸の話になる。長居をするつもりはなかったのに…。『気をつけて』といいながら、暗くならないうちに出発しようとする人間を、知らないご近所の方のご不幸で時間を潰させるのはどうか。

 父の(変換したら乳と出るのはどうか)入っている病院に行く。姉も来ていた。子供のうちは末っ子が楽チンなものの、大人になると自分で判断できることでもいちいち口を出されて苦痛。今頃反抗期なのか。

 余り高速で移動できないしまなみ海道を呪いつつ、松山に無事到着。

23日
 少し休んだだけで、仕事が分からなくなった。前からよく分かっていないので支障はない。

8月22日の日記 2005,8,22
政党名が国名そのままはどうか。

8月21日の日記 2005,8,21
友人と飯。母と若干言い争い。

8月20日の日記 2005,8,20
『めざまし土曜日』の街頭アンケートに母数が出てたけど、やっぱりどんな抽出をしたかは分からないですね。

あと、映画ランキングで観客に感想を聞く手法はいいかげんどうか。どの映画も感想が同じじゃねぇか。

寄生虫ではなく帰省中 2005,8,19
ほりえもんの広島6区立候補にも驚きましたけど、『ビートたけしのやってはいけない』で、浜辺にカメラ持って『盗撮なんかしてないですよ』と、聞かれてもないに言う人には驚きよりは苦笑い。

合同日記のおまけ 2005,8,17
 先日の合同日記のお題は『冒険』でして、普段なら『金太の大冒険とか書くと思うでしょうけど、甘いわ!』などと書くところなのに、すっかり忘れておりました。

 以前、TWO-MIXのCDを買いに行って、つボイノリオのを買ったというのを書きました。アルバムのタイトルは『あっ超ー』というものでして、この中には3曲の放送禁止歌(もともとは業界の自主規制で法的拘束力はない。今は期限切れで該当する曲もなし)が含まれています。『金太の大冒険』『本願寺ぶるーす』『極付けお万の方』がそれ。車の中で流してると同乗者バカ受けなんですけども、別に下ネタ聞きたくて買ったわけじゃないんですよ。説得力ないけど。

 『金太の大冒険』と『極付け!!お万の方』はコミックソングとしても一流なんですけど、むしろ『表現の自由に対する規制への抵抗とおちょくり』の歌だと思うんですね。『金太の大冒険』では一度も(←これ重要)金玉とは言ってないんですよ。『極付け!!お万の方』も、一度もおまん…ゲフンゲフンなんて言ってない(ように聞こえる)んですよ。歌詞カードを見ても全く問題のある箇所が見つかりません。ちなみにこの文章の金玉だとかは文章の表現上書かないとしょうがないのです。書きたくなくても金玉をカカないといけないのです。金太、魔界だ。

 結局何が言いたいかというと『表現方法は誰にも規制はできない』ってことです。表現した内容の妥当性とかは厳しく吟味されるべきですけど。お万、込み入っているよ。(←妥当性全くなし)

フジを右から批判すると極右主義者に見える 2005,8,16
 昨日は終戦記念日だったので、今日の報道は終戦関連のものが中心でした。相変わらず靖国参拝をした人に『公人か私人か』と聞いているみたいですね。アホじゃないでしょうか。公人が行ったことを、自己申告で私人の行ったことにできるのなら、わざわざ聞く必要がない。逆に、私人として行った場合でも公人の行ったことと捉えるなら、これもわざわざ聞く必要がない。ある意味、8月15日の風物詩というか、様式美というか、マンネリというか、テンプレというか、コピーアンドペーストというか、馬鹿の一つ覚えであって、言論を商売にしている人間がこんなつまらない質問しかできないというのはどうかと思う。『○○にとって、××とは』に匹敵するバカ質問。こんなこと聞いて仕事になるんだったら僕も新聞記者になりたいですけど、混ぜ書きの文章なんか書きたくないしなぁ。

 『とくダネ』で、靖国参拝の内容。東条英機について『A級戦犯として祀られている』というのは、言葉の間違いなのか事実誤認なのか。『A級戦犯として裁かれ、靖国に祀られている』というのなら分かるんですけども。もしかして罪の軽重をA級>B級>C級と認識しているんではなかろうか。正しくは項目A・B・Cだそうですよ。どう認識してるかまでは想像でしかないですけど、内容に関わる言葉がいい加減なのは言葉を商売に使う側として致命的な気がする。

 人の事ばかりでアレですけど、僕はピンク色の文章ばかりで致命的ですね。

朋遠方より来る 2005,8,14
 友人が来た。

連敗記録が伸びた日 2005,8,13
つまりはそういうことです。

傍観する冒険者 2005,8,12
 合同日記、今回のお題は『冒険』です。英語で言うと"adventure"ですけど、ゲームソフトだとアドベンチャーよりロールプレイングのほうが冒険らしい冒険をしてるような気がします。あと、打ち切りになった連載漫画だと『俺たちの冒険は始まったばかりだ』という終わり方がよくあるパターン。○○先生の次回作にご期待下さい、とか言って次回作がないのもよくあるパターン。

 同じ冒険という言葉でも、小中学生くらいであれば夏休みに自転車で知らない町に行って色々体験することでしょうし、高校生くらいなら一夏の体験とかの、やや比喩的な意味での冒険になるかと思います。大人になると、これらの他に夜の街での冒険が加わったりします。流川とか、すすきのとか、歌舞伎町とか、城東町とか、道後とか。思わぬ発見があるところなんかは正に冒険なんですけども、リスクを恐れて案内所に行ってしまうのは冒険者としてはまだまだのところです。でも、ボストロールが出てきたらいやですしね。

 仕事してたら、ある意味冒険仲間でもある直属の上司が来て『カワタカ、ちょっといいか?』と別室に。冒険の打合せかと思って席に着いたところ



『実は言いにくんいやけど』



『はい、何でしょうか』



『来月から徳島行ってくれ』



『分かりました』

僕の冒険はまだ始まったばかりだ。

カワタカ先生の次回作にご期待下さい。

違う意味でめざまし 2005,8,10
めざまし体操キャラバンが愛媛にきたわけですけども。アレはありか。

というのを携帯から書いて放置してしまいました。危ない危ない。

で、件のめざまし体操。参加したのは地元のビーチバレー選手たち。しかも女子高生ですよ。女子校生じゃなくて。朝っぱらから水着一丁で体操をする乙女たち。なんていうか、狙いが卑猥すぎる。どの層を狙っているのか。カメラワークも何だか嘗め回すような感じ。及び、胸を映しすぎの感じ。及び、単体女優のインタビューシーンの感じ。むしろ息子さんがめざまし。

というのを、同じ番組を見ていた職場のMさん(AV好き)に話したところ、『卑猥なのはお前の頭だ』とのこと。確かに。

郵政たちが夏を刺激する 2005,8,8
 郵政民営化法案否決で衆議院が解散に。そもそも郵政一本槍で、自民党をぶっ壊すと公言していた人を総裁にしといて、今さら大騒ぎしたってしょうがないだろうに。通っても通らなくても小泉の勝ち。それにしても久しぶりに柏村さんをテレビで見ました。おっぱいネタに対する姿勢より厳しい口調でした。

 とりあえず民営化されないことになった郵政公社に郵便物を出しに行く。いつも思うけど、夜間窓口に並んでいる人より駐車場にある車の方が多いのはなぜか。民営化しなくていいから駐車場は有料化してほしい。そもそも、駐車場代も払えないような貧乏人は車に乗るべきじゃないと思います。
 窓口に行くと、なにやら怒号が。どうも、転送がうまいこといってなくてお怒りのお客様がいる様子。お気の毒に。まあ、以前僕もその件で怒ったことはありますし、案外よくあることなのかもしれないですね。
 局員は折詰めで収めようとしたものの、効かなかった様子。『上のモン出せぇ!!』とか『俺はこんなもん受け取りたくて言ってるわけじゃないんだ』とか言ってます。ああ、『誠意見せろ』タイプの方ですね。普通は届かなかったのに怒って、今後どうするか対応させて終わりなんですけど、誠意を求めるってどうなんでしょうね。ほんとに誠意を求める人もいるし、誠意と名のつく別のものを欲しがる人もいるし。
 その人の真意がどうかはよく分からないので断言はできないですけど、9時半ごろなのに奥さんと子供連れ(特に子供はこの時間どうか)の時点で、アレな人なのかとも。

続々・第三の選択+バトン 2005,8,7
 『三スク水』に新たな反響。団長、ありがとうございます。それにしてもみんなスク水好きね。

メジロ以下略 > 水泳の上手い普通体型→胸なし→巨乳。各々、あの体型ならタイムがなー、胸大きくていいな~、泳ぎ上手くていいな~、では。 (2005/08/06 20:52:48)

 三スク水の三竦みにおいて力関係をどうするかが懸案だったのですが、これで一件落着。世間一般的には(どこの世間か)、『胸は大きいほうがいい』という価値観がある(と思う)ので、序列でいうと胸なしより普通体型、普通体型より巨乳となります。巨乳に勝てるのはさらなる巨乳…ではなく、一周回って胸なしに。さらに『騙され気味の外国人留学生』を『普通体型』にあてはめて、水泳の上手い普通体型の騙され気味外国人留学生→胸なし→巨乳→水泳の上手い…と左側にあるのが勝ちとすれば見事に三竦みが成立。これ、誰かイラスト化してくれないかなぁ。



『もう新しくない馬楽』のロロさんからバトンが回ってきました。つーか、ブログやってるわけじゃないんですけどいいんでしょうか。

テーマは『漫画家を競走馬に例えたら』

○鳥羽僧正…ダーレーアラビアン・バイアリーターク・ゴドルフィンアラビアン
 
 始祖だから。

○手塚治虫…ノーザンダンサー

 サラブレッドはノーザンダンサー系と非ノーザンダンサー系に分けられる、とまで言われたそうです。漫画家は手塚治虫系と非手塚治虫系に分けられる…ってのが今でもそうかまでは分かりません。

○椎名高志・・・ミホノブルボン
 本質はスプリンターと言われたミホノブルボンと、長期連載もこなすが実は短編で本領を発揮する椎名先生。

○青山剛昌…トウショウボーイ
 新馬戦で一緒に走ったシービークインとの間にミスターシービーをもうけたのと、コナンつながりでみなみさんと結婚したあたりが似ている。

○美川べるの…クリフジ
 玉のない牡馬(注:両方とも女の子です)ちょっと補足するなら、男の中にいても違和感がないってこと。

○浦河おぺら…テイエムオペラオー
 名前がそのまんま。『ばんがいち』読者にはおなじみの人。

じゃ、次はプロミストランドの俊哉さんに。合同日記と何が違うのか。これでブログやってる人に戻ります。

フジテレビのあまりにアホ過ぎるアンケート 2005,8,6
スク水のあいまにちょっと真面目なことを。

『めざまし土曜日』で原爆特集。原爆投下の記憶がどれだけ風化しているかどうかを、『広島の人なら知っているであろう原爆知識』を問うことによって調べるというもの。

原爆投下の日(年まで聞いたかは不明、正解は8月6日)
知っている 88.5%
知らない  11.5%

投下時刻(8時15分、前後1分程度の誤差があるとする説もあり)
知っている 79.5%
知らない  21.5%

原爆を投下した爆撃機の名称(エノラゲイ)
知っている 49%
知らない  51%

まず、母数を出していないのがダメダメ。小数点以下を好意的に解釈すれば、0.5%のところから母数が200人くらいかなとも推測できますが、四捨五入の操作をすれば100人以下でもこの数値が出てしまうわけでかなり怪しげ。それから広島と他の都市での比較をしてないのが終わってる。過去の数字がどうだったか全く触れられていないのが致命的。アンケートを取った相手広島市民かどうか不明なのがゴナクレイジー。いつどこでだれにどんな内容のものをどのように調べたかぐらいは出せ。記述式と選択式だけでもかなり違う。論旨が論旨だけにただ低俗な内容を流すよりタチが悪い。やっぱりほりえもんに買収されたほうがよかったのかもしれないですね。

追記
赤井英和弟さんより『投下は6日ではないか』とのご指摘。たしかに15日と間違って書いておりましたので訂正しました。多分8時15分と混同したのだと思います。わざわざ6日に書いた日記なのにどうかしていると思います。この手の真面目な内容でデータ部分を間違ってるというのは非常に説得力に欠け、恥ずかしい限り。ただ、間違ってもほりえもんはこの日記を買収しようとはしないはずなので一安心。

おれたちに明日はあると思いたい 2005,8,5
 合同日記、今回のお題は『明日』です。『明日という日は明るい日』という言葉がありますが、『明けた日』のことじゃないかとポジティブな人に冷や水を浴びせてみる。深夜から夜が明ける前までを『未明』と言いますし。多分、こんなことばっかり言ってるから、何にでも否定的だと言われるんでしょうね。

 明日といえばトゥモローで、トゥモローといえば田口トモロヲなわけです。かなりの確率で間違ってるくさいですけど、人名しりとりなら間違いなく勝てると思います。『ン』はンッスー・ユドゥールがいると思ってたら、ユッスー・ンドゥールだったりするぼくたちの失敗。

 人間には二種類いる。今日できることは明日に延ばさない人間と、明日できることは今日しない人間だ。僕は後者なのでオチは明日書きます。

 と、思ったらビデオの返却日が明日の開店前までなので大慌ての未明。

続・第三の選択 2005,8,4
『三スク水』を書いたら早速反響がありました。ありがとうございます。有難いって、『有ること(或るじゃなくて)が、難しい』からありがたいんですね。

俊哉 > 普通に思った「あんた、馬鹿だよ」(三スク水) (2005/08/04 02:43:30)

この馬鹿は褒め言葉と取ってよいですか。以前は『おっぱいがいっぱい』で言われた覚えが。

胴長熊猫 > 騙され気味の外国人留学生とか人間以外の人種とか?(スク水) (2005/08/04 07:06:42)

騙され気味ってあたりがいいです。スクランっぽいイメージ。人間以外の人種というと、やっぱり猫耳とかの類になるのかなぁ。しかしそれはあざとすぎる気も。

というわけで、『三スク水』の内訳は暫定的に『つるぺた・ボイン・騙され気味の外国人留学生』とします。勝ち抜き戦にしてもいいけど、そもそも新たな挑戦者はいるのでしょうか。

第三の選択 2005,8,3
 前の日記がサーバーダウンしている間に、溜まっている合同日記二回分の構成以外にも、日記だかコラムだか分からないことを考えていたわけです。

 じゃんけんのグー・チョキ・パー、虫拳の蛞蝓・蛙・蛇のように、自分以外の一方には勝てるがもう一方には負けるという三者がそろった場合、牽制しあって身動きが取れない状態を『三竦み(さんすくみ)』といいます。魏・呉・蜀とか司法・立法・行政とか、たけし・タモリ・さんまとか。

 で、『三竦み→三すくみ→三スク水』と脳内でピンク色変換が起こってしまい、『三スク水の三竦み』は何かと考えたわけです。当然、ひとつは『つるぺた』で、もうひとつは反対の属性である『ボイン』なんですが(僕の趣味・嗜好は全く別物として)、もうひとつは何かと考え出すと、夜も眠れずに思わず昼寝をしてしまいます。
 『メガネ』というのも考えたんですが、泳ぐときは外しますし、ゴーグルは違う気がします。そもそも『メガネ』は本人の属性ではない。ここはやはり不可分の属性ではないといけません。あと、外見的特徴でないと分かりにくい。委員長とか、妹とか、ドジっ娘とか先生とかも、確かにいいんですけどスク水装着時に判別できるかどうかがネックに。
 結局のところ、ツインテールだのショートのシャギーあたりの髪型に落ち着くのでしょうが、どうせなら水つながりで『おかっぱ』はどうかと思った次第。

 『異議あり!!』『いや、むしろ内面を見ろ』などのご意見の方は一言メッセージまで。よろしくお願いします。

つボリノイエ、もしくはジョー・イノリオ 2005,8,2
 TWO-MIXにジョー・リノイエが参加して、“Ⅱ MIX ⊿”として再スタートしました。片やガンダムWの主題歌を歌ったユニット、片やガンダムXの主題歌を歌ったユニットのプロデューサーということで、高校時代に友人と『ツーミックスだなんて言うなぁ!!このロマンチックモードが!!』などという言い争いをしていた身としては見逃せません。早速CDを買いに行くことにしました。

 一店目…ない…。『ト』どころか『ツ』のところにもない。しょうがないのでつボイノリオのCDを購入。『金太の大冒険 お子様にもすすめられるバージョン』はかえっていかがわしいと思う。

 二店目…ない…。今度は『ツ』の方から探してみる。TO BE CONTINUEDが入っててTWO-MIXがないのはどういう基準か。しょうがないので東京プリンのCDを購入。もう、なんだよ!目的以外のがどんどん増えるし。ロマンティックが止まらない。

 四店目でようやく発見。まさしくTWO-MIX的なサウンドだったんですけど、ジョー・リノイエ分はどこに入っているんでしょうか。まあ、ジョー・リノイエ分がなくても、今までユニットとして機能していなかったことを考えれば十分ですが。もうひとつTWO-MIXといえば、『星界の紋章』に匹敵するルビ使いなのに、全くそれがないんですよ。ジョー・リノイエ分どころか永野氏分も入ってなくて、三人になった分薄くなったような気がします。みなみさん分が十分あるからいいんですけどね。

パー 2005,8,1
 先走って7月中に書いてしまったわけですが、本来は今日からスタートする予定でした。未来日記が書けないあたりがちょっと不便かな。前のは未来日記書けても、前の月のは訂正できなかったから、どっちもどっちだけど。

 ちょい変則開催気味の合同日記。今回のお題は『スーパー』です。それにしても人より出遅れるのがこんなに大変だとは。スーパーカーことマルゼンスキーやスーパーオトメ、スーパーカートリオ、スーパーマリオと、軒並み書かれてどうしましょう。

 スーパーことスーパーマーケットはうろうろしてても飽きないですね。特に大きいところだとあまり見たことない食材があって、それも一つの楽しみではあるんですけど、結局いつも使ってる平凡な食材しか買わなかったりします。なれないものに手を出すと失敗するのはレンタルビデオでもよくあること。もっとも、未知なるものへの挑戦が新たな道を切り拓くことがあるので大事なことだと思います。

 スーパーからAVに展開するなんて我ながらどうかと思います。思うだけ。

|

« カワタカ技研CGI支店2005年07月 | トップページ | カワタカ技研CGI支店2005年09月 »

カワタカ技研日誌」カテゴリの記事

リサイクル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/2145570

この記事へのトラックバック一覧です: カワタカ技研CGI支店2005年08月:

« カワタカ技研CGI支店2005年07月 | トップページ | カワタカ技研CGI支店2005年09月 »